fc2ブログ

ウズベキスタンで最も夕日が美しい街


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
サマルカンドからタシケントに戻り、申請中だったトルクメニスタンのビザを無事に受け取りました。

個人で申請できるのは5日間の通過(トランジット)ビザのみ。


ビザの開始日を指定しているので、その日ぴったりにトルクメニスタンに入らないとビザの有効日数が減ってしまいます。

幸いにもビザの開始日まではあと数日あるので、ウズベキスタン旅最後の街、ヒヴァに向かいましょう。



タシケントから再び夜行列車に揺られること19時間、ウルゲンチ駅に到着しました。
ウルゲンチ駅からヒヴァまでは乗合タクシーに乗ります。


外に一歩出た途端、熱風が全身を覆います。
これぞ灼熱の中央アジアという感じ。

それもそのはず、ヒヴァは砂漠が近いんです。



今回ヒヴァで泊まるのは、アリベックという宿。

IMG_6698.jpg

目の前に城壁がそびえ、テラスからの眺めが最高な宿です。


この宿、旅人の中ではあることで少し有名。


それは…


朝ごはんの豪華さ!


他の人のブログで見てからずっと楽しみにしていた朝ごはんをついに食べられる時がやってきました!!


IMG_6897.jpg

噂通りのこの豪華さ!
朝から食べきれないほどの量が出てきます。
毎朝、朝食が楽しみで目が覚めました。



この宿は家族経営で、両親と3人の子供たちがいました。
その末っ子の女の子がめちゃくちゃ可愛いんです。

ナザーキャットちゃん、8歳。


お客さんと遊んではいけないと両親から言われているのか、家族がいる前では一切こちらに興味を示そうとしません。
話しかけても無視されるくらい冷たい。
でもひとたび周りに家族がいなくなると、近づいてきて、かまってちゃん攻撃開始です!


見て見て~と言わんばかりに、
どこからか化粧品を持ってきて、パタパタ。

IMG_6731.jpg

お次はクリームをぬりぬり。

IMG_6741.jpg

そのまま私の顔にもぬりぬり。
完全に彼女のおもちゃになっていました。


今度はファッションショーをはじめました。

IMG_6745.jpg

これも無理矢理私に着せてこようとします。


なかなか解放してくれず困っていると、
お姉ちゃんが来た途端、どこかに逃げていってしまいました。笑



昼間は暑すぎて外に出る気にならないので、
テラスでごろごろしたりナザーキャットちゃんと遊んで過ごし、
少しは気温が下がった夕方にようやく街歩き開始です。



かつて、イスラム世界にとって重要な場所であったヒヴァの街は、
外敵の侵入を防ぐために二重の城壁によって囲われています。


外側の城壁は全長6km。
さらに内側の城壁は2.2km。


内側の城壁に囲まれた地域をイチャン・カラ呼び、
その内部にはモスクやメドレセ、ミナレットなどの多くの遺跡が残っており、
”博物館都市”として世界遺産に登録されています。


イチャン・カラへは東西南北、4つの門がら入ることができます。
西門から入った場合のみ入場料がとられ、別の門から入れば入場料がかかりません。
これもウズベクスタイル。


イチャン・カラには土産物屋が並んでいる、いわゆる観光地の通りもあれば、
民家が集中する通りもあり、街歩きが楽しい♪

IMG_6783.jpg

IMG_6785.jpg




城壁につながる坂を登ってみると、イチャン・カラの街が見渡せます。

IMG_6794.jpg


墓のようなものがあり、骨が落ちていました。

IMG_6802.jpg

誰の骨…!??


坂の上をしばらくウロウロしていたら、近所の人に怒られてしまったので下ります(;O;)



円周2kmの街の中には、たくさんのモスクやメドレセがありました。
サマルカンドに引き続き、中には一切入っていませんが…
まさに博物館都市。

IMG_6765.jpg

IMG_6772.jpg

IMG_6811.jpg



ヒヴァの夕日はウズベキスタン一美しいと思います。

観光客で賑わう場所から一歩路地裏に入ると通行人はほとんどいなくなり、
ひっそりと静まりかえり夕日に照らされるヒヴァの街。

IMG_6835.jpg

IMG_6843.jpg

IMG_6846.jpg



最後に、ヒヴァで気になったもの。
土産物屋に並ぶ毛皮の帽子やマフラー。
こんなクソ暑いのに誰が買うんだ!

IMG_6826.jpg

と思ったら、試着している人が結構いてビックリ。

IMG_6827.jpg




豪華な朝食を3日間食べ、さらにエネルギーを蓄えてトルクメニスタンへと向かう国境近くの街へ向かいます。
次回、トルクメニスタンへ~

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

サマルカンドのヤギは何かが違う


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
世界史を勉強したことがあれば一度は耳にしたことがある場所、
ウズベキスタン一の観光地、”サマルカンド”へ行きましょう!


ブハラのバスターミナルに行き、サマルカンド行のバスを探します。

すぐ出発するからと言われて慌てて乗り込んだバスでしたが、
30分、1時間が経過しても一向に出発する気配がありません。


IMG_6473.jpg

人間よりも大量に乗ってきたのがロールされた布の山、山、山。

席に座るには、この布の山を越えなければなりません…
日本ではありえないことも、海外では日常となります。

はじめは真っ白だったこの布、乗り降りする乗客に容赦なく踏みつけられ、
足跡で埋めつくされてしまったことは言うまでもありません(;O;)




サマルカンドに到着したのは夕方。
今日はサマルカンドでは有名な、バハディールという宿に泊まります。


今夜のご飯は、、、
ビシュケクの南旅館で出会った日本人旅人5人が大集結!
なので、コーラでにくじゃがを作りました!

IMG_6480.jpg

海外で日本食を食べること。
それは、これ以上ない安らぎを得ることができます。




翌日はウズベキスタンで最も有名な広場と言っても過言ではない、
”レギスタン広場”へ。

IMG_6612.jpg

現在は3つのメドレセが立っているドでかい広場ですが、
謁見式や罪人の処刑が行われたり、
屋根付きの巨大なバザールが建てられていた時代もあったそうです。


左右のメドレセは、同じように見えて全く異なる装飾。

IMG_6615.jpg

IMG_6609.jpg

ブハラでモスクやメドレセは見すぎてしまったので中には入りませんでした。。



お次に向かったのは、アミール・ティムール廟。

ここには、中央アジアに築かれた大帝国、ティムール朝(1370~1507)の創始者であるティムールと、
その一族が眠っています。

IMG_6545.jpg

IMG_6522.jpg

IMG_6519.jpg


夜にはライトアップされ、墓であることを忘れてしまうほど幻想的に。

IMG_6591.jpg


この廟、中に入るにはもちろん入場料が必要ですが、裏側に回るとチケットなしで中に入れたりします。
これぞウズベクスタイル!笑


ちなみにこの廟の裏側はこのような住宅街の小道に面しておりまして、
(ここも例にもれず、自由に廟内に入れます。笑)
やぎを連れたおじさんたちが歩いておりました。

IMG_6554.jpg

あれ?このヤギさんたち、何かが違う!と思ったら…

IMG_6558.jpg

おしりにハートがついていました♡笑
ハートのおしりかわいい♡



続きまして、食べ物のサマルカンド代表と言えば、ナンです!

IMG_6474.jpg

ナンは中央アジアでは主食ですが、ここサマルカンドのナンはウズベキスタンの中でも有名だそうです。
バザールへ行くと、様々な形、色、模様をしたナンが売られています。

どれにしようか迷ったときは、地元の人が集まるお店で買えば間違いありません。




また翌日は乗合タクシーで1時間のウルグット村へショートトリップです!


この村に行く目的はただ1つ、”スザニ”を買うこと!

スザニとは、刺繍を施した布のことで、
ウズベキスタンの伝統芸術です。


帝政ロシアの統治時代やソ連時代には、民族文化を表現することが良いとされなかったため、
次第に廃れていってしまったスザニ。
ソ連崩壊後にはその伝統が再び息を吹き返したそうです。


ウルグット村はこのスザニがたくさん売られていることで有名です。
しかも他の街よりも安価で買えるという噂。


早速スザニが売られているバザールへ行ってみると、、

IMG_6484.jpg

IMG_6485.jpg

あっという間に囲まれました。笑


「これはどう?じゃあこれは?」

スザニおばちゃん達の買え買え攻撃に負け、3枚も購入してしまいました。


カラフルな刺繍が美しいスザニですが、
ハンドメイド感たっぷりの、刺繍が少しずれているものもあれば、
明らかに機械で作られたようなきっちりとした縫い目のものもありました。

ハンドメイド品を探す場合には、注意が必要です。




観光に街歩きに買い物に、たっぷり堪能したサマルカンド。
サマルカンドワインでエネルギーを蓄え、次の街へ向かいます。


**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

街歩きとゴロゴロの両方楽しめるウズベキスタンの楽園


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
タシケントから夜行列車に乗ること10時間、ブハラに到着しました。

IMG_6271.jpg

記念すべきウズベキスタンの初鉄道は、
出発直前に流し込んだビールとワインのせいで、下車後の写真しか残っていませんでした。。。




イスラム世界の文化的な中心地として古くから繁栄を誇った街「ブハラ」。
黄金期だった9世紀より建物の配置が変わっていないという、伝統のある街です。
その歴史は2500年前までさかのぼることができます。


モスクやミナレットなどの派手な建物だけでなく、旧市街の民家ひとつひとつに味があり、
街歩きがとても楽しい街です。


IMG_6312.jpg

IMG_6307.jpg

IMG_6313.jpg


宿も密集しており、何軒か見てまわってみると安くて快適そうな宿がたくさんありました。
泊まったのは、NASRIDDIN NAVRUZ(読み方不明)というお宿。

決め手は、写真奥のくつろぎスペース!

IMG_6472.jpg

名前は分かりませんが、中央アジアではチャイハナなどでよく見かける、靴を脱いで上がるタイプのスペース。
日本でいう炬燵のようなものですかね。
何時間ここでゴロゴロしたことか…

シャワールームもピカピカで、部屋も快適そのものでした。


唯一難点を挙げるとすれば、乾燥室に大きいう○○があったこと(;O;)笑
洗濯物が…苦笑
たしかこの宿には動物はいなかったような…




さて、宿が快適だからってゴロゴロしていただけではありません!
ブハラが誇る観光名所にも行っちゃいます!


ブハラといえば、まずはこれ。

IMG_6277.jpg

ブハラのシンボル、カラーン・ミナレット&カラーン・モスク。

ブハラで最も高い、46mのミナレット。
ミナレットとは、1日に5回あるイスラム教のお祈りの時間をお知らせするために使われる塔のことです。

1127年に建てられた歴史あるこのミナレットは、街のどこからでも見ることができます。
”カラーン”とは、タジク語で”高い”という意味だそうです。


お隣のカラーン・モスク。

IMG_6288.jpg

入場料を払って、モスクの中に入ります。

IMG_6292.jpg

お祈りの時間にはたくさんの人で埋め尽くされるであろう中庭は、このとおりガランとしていました。



石造りなイメージが強いモスクの中で、木の柱が珍しい、バラハウズ・モスク。

当時、”ハン”と呼ばれた有力者専用のモスクだったそうです。

IMG_6317.jpg

彫刻も美しい。

IMG_6323.jpg


タイルの装飾が綺麗なアブドゥールアジス・ハン・メドレセ。

IMG_6417.jpg

メドレセとは、イスラム教の神学校のことです。

外壁の装飾もさることながら、内部の装飾も細部までこだわっているように思えました。

IMG_6428.jpg


ロンリープラネットの表紙にもなっている、チョル・ミナル。
”4本のミナレット”という意味だそうです。

当然、表紙の写真と同じアングルで撮ってみます!

IMG_6392.jpg



他にもブハラには絨毯市場があったり、

IMG_6440.jpg

公園にはメルヘンチックな制服の女子学生がいたり。

IMG_6341.jpg


歴史ある街でありながら、人々の生活感も垣間見ることができ、街歩きが本当に楽しい街でした!



最後にお食事j編!

中央アジアの定番、プロフ。

IMG_6315.jpg

炊き込みご飯ですね。
地域によって具が異なりますが、ウズベキスタンではこのにんじん盛りが多かったように思います。




ブハラを訪れるあなたに、、、
絶対に!歩いて好みの宿を探しましょう!
某ガイドブックに載っている宿よりも、断然素敵な宿をたくさん見ました!
GOODJOURNEY!!

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

札束を手に入れる方法


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
IMG_6147.jpg

iPhoneよりも高く積み上がった紙の束。
ウズベキスタンのお金、スムの札束です!


これが1万円の束だったら豪遊してもしきれないくらいなんですが…
なんと1枚約30円。

ということで約24,000円分(200ドル)の札束です。

今日からお財布はポーチになりました。



ウズベキスタンには、2つの両替レートが存在します。

公定レートと闇レート。

100ドルを闇レートで両替した場合、
公定レートの1.5倍~2倍ほどのスムをもらうことができます。


空港の両替屋さんや銀行では公定レートが使われます。
闇レートは、闇というほどですから、
両替してくれるのは両替屋ではなく街中に立っている人(両替商)。


この人が?って思うおばちゃんも両替商だったりします。
その場合、お買い物バッグに札束がどっさり入っていることも。


駅前や市場で声をかけ路地裏や人目のつかない場所でこっそり取引をします。
文字通り”闇取引”!


闇両替は違法と聞いていたので、皆もっとこそこそしているのかと思いましたが、
人が集まりやすい場所には両替商がうじゃうじゃいるので、あまり闇っぽさは感じませんでした。


闇レートは日々変化するどころか、分刻みで変化します。
さっき両替したばかりなのにもうレートがあがっている!なんてこともあります。


日本円から闇両替はできないので、
ウズベキスタンに行く人はUSドルをたくさん持っていくことをオススメします!!



さて、ロシア人のゲイトの車で入国したウズベキスタン。
国境近くの街に1泊した後、途中のフェルガナ、コーカンドという街を経由し、
首都のタシケントを目指します。


途中の公園にて。

IMG_6174.jpg


イスラム教の国とは思えないほどの女子学生のスカートの短さ。
ウズベキスタンに入り、格段にイスラム色が弱くなったように思えます。

IMG_6166.jpg

平日の昼にもかかわらず、公園には子供がたくさんいました。

IMG_6218.jpg

近くにいた人にゲイトがロシア語で尋ねてみると、
毎週火曜日は授業がない代わりに先生が生徒を連れて公園に遊びに行く日らしいです。
なんというゆとり教育!




タシケントの宿では、キルギスの南旅館で会った日本人たちと再会しました。

昼ご飯は、たくさんのチャイハナが集まるチョルスー・バザールで!
チャイハナとは、イスラム圏で喫茶店のことをいいます。

IMG_6642.jpg


イスラム圏なので公衆の場での飲酒はご法度と思いきや、
地元の人たちはビールやウォッカを飲んでいます。

ということで、私たちも昼から乾杯!
日本では見ない、ペットボトルのビールです。

IMG_6649.jpg

羊肉のケバブ、ビールによく合う!

IMG_6652.jpg


こちらはノリンという中央アジアの食べ物。
半生風の麺を細切りにしたものです。

IMG_6648.jpg

地元の人がたくさんいるチャイハナなので、安いと油断していました…

この上にちょこちょこ乗っている「馬肉」。
これが高級らしく、予想以上のお値段に( ゚Д゚)



食後はタシケントを街歩き♪

街中には、ソ連時代に建てられたと思われる変わったデザインの建物が立ち並んでいます。

IMG_6632.jpg
       
IMG_6634.jpg


かと思えば、迷路のような旧市街もあります。

IMG_6265.jpg

IMG_6256.jpg


歩き疲れたらメトロに乗ります。
写真撮影厳禁のホームをこっそりぱちり。
なんだか懐かしい気がするレトロなホームと車両です。

IMG_6267.jpg

IMG_6625.jpg



今夜は夜行列車でブハラという街へ向かいます。

宿に帰って、荷物を持っていざ出発…
の前に宿の近くの酒屋の生ビールを流し込んでおきましょう!

IMG_6268.jpg

なんと人生最安、42円!!!


宿に戻り、その流れで宿にいたゲイトと共にワインを二本空けてしまい…
楽しい時間はアッというまに過ぎ去るもので、急いで荷造りをし駅に向かいます。
Iwaslittledrunke…


明日起きれば、城壁に囲まれた町「ブハラ」に到着です。


IMG_6271.jpg







**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

史上最長の国境越え


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
ボンっと身体が跳ね上がり、目が覚めると一面の雪景色が広がっていました。

IMG_6115.jpg

タジキスタンのムルガーブからキルギスのオシュへ向かうパミールハイウェイは、
前日に通ったホーローグ~ムルガーブと同様に絶景が見れると有名なのですが…

5月に吹雪と降り積もる雪を見るとは思いませんでした。


国境の標高は約4200m。

ドアを開けると吹き込んでくる冷たい風。
トイレに行こうと車を降りると、雪に足が埋まるほど雪が積もっていました。






10日ぶりに戻ってきたキルギス・オシュのオシュゲストハウス。
翌朝、ここで1人の女性と出会いました。


ロシア人のゲイト。


彼女はロシアからカザフスタン、キルギスとマイカーで旅をしているパワフルなお姉さんです。
キルギスから先はウズベキスタンに入り、途中アフガニスタンにも行きたいと言うツワモノ。


前職はニュークリアエンジニアだという彼女。
難しい話題なので詳しい話はしませんでしたが、
スキューバダイビングのインストラクターもしていたり、
バスの運転免許を持っていたりと経歴が謎に包まれています。

そのパワフルさから、だいぶ年上なのかと思いきや1つだけ年上でした。



そんな彼女からのお誘いで、
ガソリン代を半分負担すれば
途中の街にも寄りながら首都のタシケントまで乗せていってくれるそう。


なんだか楽しそうなので便乗することにしました!
マイカーで旅をしている人に一度はついて行ってみたかった!


話はすぐ決まり、荷物をまとめて早速ゲイトの車に乗り込みました。






今回越えるのは、悪名高きウズベキスタン国境です。


荷物チェックがとても厳しく、
持っているお金の金額や電子機器をすべて申告しなければいけません。

申告用紙に通貨ごとの金額と、電子機器の値段を記入するのですが、
実際と異なると罰金をとられるという噂…
そしてそのチェックがとても厳しいという噂…



そして、車で入国となると話はまた別。
ゲイト曰く、車の隅々まで見られるのでチェックに何時間もかかるそうです。


そんな不安要素を抱えながら、到着したウズベキスタンの国境。
時間は12:30です。


お昼休みなのか、ゲートが閉まったまま、
多くの人がゲートの前で待っています。
仕事しろーーーー!

15:30になってようやくゲートが開きました。
この時点ですでに3時間も待っています。



車の申告をしているゲイトを残し、私は一足先にイミグレーションへ進みます。

少額のコインが残っているロシアや中国のお金はバックパックの奥底に隠し、
ドル、円、事前に両替しておいたウズベキスタンスムの金額と
電化製品を購入した際の金額を記入しました。


ビクビクしながら申告用紙とパスポートを提出します。



ドキドキ…



あれ?


パソコンとスマホを少し見られただけでチェックは終了です。
厳しいチェックを覚悟していたのでこれには拍子抜けしていましました( ゚Д゚)


かたや地元の人は荷物をすべて開けられ、
別室で服を脱がされ、
靴の中身まですべてチェックされていました。
どうやらここの国境は外国人には甘いようです。



ゲイトのもとへ戻ると必要書類を持って行ったり来たりと忙しそうです。
マイカーで旅をするのは楽しそうだけど、大変なことも多そうだなー…。



しばらく待った後、
車の底が見えるような専用の台の上に車を移動し、いよいよ車のチェックがはじまりました!

チェックをする職員ははじめは4人でしたが、
ギャラリーが増えはじめ最終的には8人がかり。


トランクや収納スペースからすべての荷物をとりだし、
本当に車の隅々までチェックしています。


と思いきや、
ゲイトのパソコンの映像を見出したり、車の中にあった本を読み出したり…
これ絶対関係ない。
煙草を吸いだす職員もいます。

無駄が多い…


催涙スプレーを間違って自分にかけてしまった医師の職員にはこっそり笑ってしまいました。
ていうかゲイト、何でそんなもの持ってるの!笑



時間は17:30。
国境に到着してから5時間が経過しました。


最後に車のレントゲンを撮って終了です。
見たこともない巨大な機械が車を通過していきます。


こんな機械を買うお金があたらもっと国民に還元したらどうだろう。
と、ゲイトと話しながら国境を後にしました。


職員はたくさんいるのになかなかスムーズに進まない国境。
無駄が多い国境。

クレイジーな国境だわ!というゲイト。
まさにその通り。



IMG_6138.jpg


ようやく入国したウズベキスタン。
この日は国境近くの街、アンディジャン(Andijan)に泊まります。



ウズベキスタンでは、宿泊する宿ごとに滞在登録というものをしなければなりません。
その際に発行される証明書の滞在日数分すべてを出国時に提出します。

地方ではその証明書を発行してくれる宿が限られているらしいのですが、
ゲイトがロシア語が話せるおかげで、簡単に見つけることができました。


廊下を歩くとミシミシと音がするなんともレトロなホテル。

IMG_6148.jpg


1本約240円の激安ワインと、
量り売りで1ℓ約100円のビールで乾杯しました。

IMG_6144.jpg

キルギスも安かったけど、ウズベキスタンのお酒はもっと安い!




1人だったらもっと楽に国境を越えられたけど、
1人だったら絶対に体験できなかったこと!
車旅に誘ってくれたゲイトに感謝です。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
«»