fc2ブログ

鉄子、シルクロードをゆく


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************

一般的にシルクロードとは、アジアとヨーロッパを結ぶ交易路と言われています。

シルクロードの起点となる西安からヨーロッパに至るには、いくつかのルートがあります。


すべてのルートに共通しているのが西安~敦煌までの河西回廊というルート。


鉄道の線路が全く同じ道を通っているとは限りませんが、
今回はシルクロードのはじめ中のはじめ、河西回廊を乗り鉄します!

西安から敦煌に向かう人は大体鉄道移動になるので、
珍しい路線でもなんでもないんですけどね。。



約1400kmを24時間かけて走ります。

24時間は直角の座席(硬座)には耐えられないので、今回は寝台車に乗ります。
寝台車にもいくつか種類がありますが、一番安い硬臥というクラス。
硬い座席ではなく、硬いベッドという意味です。


切符は353元(約6707円)もしました。
円安の影響もあるけれど、高いです。
中国は食費と宿代は安いけど交通費がやっぱり高い!




宿を出てバスで駅に向かいます。

朝ごはんと昼ごはんを兼ねて駅前の食堂で刀削麺を食べました。

IMG_3849.jpg


中国に入ってからほぼ麺しか食べていませんが、
でもどこで食べてもはずれなく美味しい!



中国では、切符とパスポートを提示しないと駅の中に入ることができません。
そして入口では空港のように荷物と身体チェックが行われます。
かなり厳重な警備です。


駅に入り電光掲示板で自分の乗る列車を確認し、表示されている待合所に行きます。
列車ごとに待合所が分かれています。



発車時刻の15分くらい前になると改札が始まります。



改札が開いた途端、どーっと改札口に群がる人々。
ざ・中国!

IMG_3851.jpg

待っている間に隣の席で話しをていたおじさんも私を置いて先に行ってしまいました。



今日もこの色の車体。

IMG_3857.jpg

お顔を見に行こうとしたら、職員に人に止められて行けませんでした。
ここが一番大事なのに!




乗車口では、切符と引き換えにベッド番号の書かれたカードを受け取ります。

乗車中は車掌が切符を預り、
降りる駅が近づくと車掌がやってきて再びカードと交換するという仕組みのようです。
乗り過ごす心配がないので安心!



硬臥クラスは3段ベッドが向かい合っています。

IMG_3856.jpg


毎度のことですが、寝台車に乗るとき(切符を買うとき)
のベッド選びはとても重要です。


ロシア、モンゴルではずっと下段を選んでいましたが、
今回は3段ベッドのうち一番上を選びました。


なぜならば、
下段選んでしまったら
昼の間に周辺の人に座られる率が高そうだから。
そして占領された場合、中国人のパワーに負けそうだから。


だったらずっと上のベッドの上でゴロゴロ快適に過ごしてやる!
値段も一番安いし、一石二鳥!


のはずが、

いざ乗ってみると…



一番上のベッドの高さが高すぎて、上り下りするだけで一苦労。

背伸びをしても荷物さえ置けないくらいの高さです。
起き上がると頭がぶつかるくらい、天井までの距離もほとんどありません。



これじゃあ車窓も楽しめません。

今回はハズレくじを引いてしまったようです(;_;)
せっかくのシルクロードが…




ロシア、モンゴル、中国と寝台車に乗ってきましたが、車内の内装や設備はどの国もほぼ同じです。

違うところといえば、中国の鉄道のトイレはインド並みに臭く、汚いということ笑
そしてロシアとモンゴルは洋式だったのに中国は和式です。




発車すると同時に、近くのおばちゃん軍団がきゅうりを食べ出はじめました。
国によって車内で食べるものが違うのが面白いです。


中国人が持ち込む食事は基本カップ麺です。
ある特定メーカーの同じサイズのやつ。
日本でいう、でかまるくらいの大きさです。

終点まで乗っても24時間なのに、3つも4つも持ち込んでいる人が結構いましたが、3食すべてこれなのでしょうか。


駅で大量に売られていたので私も1つ買ってみました。

2015-04-15

美味しいけどスープの山椒が強烈でした。
3食これは無理です。




車内販売が頻繁にあります。 

IMG_3864.jpg

お菓子や飲み物の他に、果物やお弁当(おかずと白米)、
よく分からない雑貨を売りに来ることもあります。 

インドの鉄道ではこれを一般人が勝手に乗ってきて売り歩きますが、
中国では鉄道会社の職員が売りに来るところが違います。





通路に椅子がついているので、そこに座って少しは車窓を見ることができました。


発車後何時間かはしばらく市街地を走っていましたが、次第に田園風景が広がってきました。




田んぼなのか畑なのか分かりませが、農作業をしている人の姿も見られます。




土とレンガでできた家。
中国映画に出てきそう。




シルクロードといえば砂漠をイメージしますが、乾いた土の山が続いています。
乾いているけど緑は多く、遠くには白やピンクの桜のような花が見えます。







朝起きるとそこは砂漠でした。

IMG_3917.jpg

そして人がかなり減っています。
終点の敦煌まで行く人は少ないようです。


敦煌までひたすら続く砂漠。
シルクロードを進んでいるということを少しだけ体感できた気がします。
スポンサーサイト





**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: 中国

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する