fc2ブログ

カスピ海を渡るのにかかる時間は?


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************

夜行列車で迎えた朝、
砂漠の中を走る先に街と海が見えてきました。

IMG_7242.jpg

その海こそが、ヨーグルトで一世を風靡した"カスピ海"です。


このカスピ海を船で渡ってアゼルバイジャンに行くのですが、
この船、出航する曜日も時間も決まっていない
”不定期船”なんです。


最近は毎日出ているという噂を耳にしましたが、
港に着いてから数時間で乗れたという人もいれば、丸1日以上港で待ったという人もいます。


つまりすべては運次第!! 



ともかく、事の真相を確かめるべく、
夜行列車がトルクメンバシに到着してすぐにタクシーで港に向かいました。


トルクメニスタンでは一般人がタクシーになることがあり、
道で手をあげれば、大抵の車が止まってくれます。
駅前にたむろしているぼったくりタクシーよりもずっと良心的な値段で目的地まで行ってくれます。



港に到着後、急いでチケット売り場に向かいました。


幸いにも、この日はバクーに行く船が出るとのこと。
でも出航時間が分かりません。。。


貨物船と客船の併用なので、貨物の積み込みが終了次第出航するとのこと。
チケットの販売は夕方から開始するそうです。

それまではベンチに座ってその時が来るのをひたすら待ちます。
私が着くよりも前から待っている人もたくさんいました。
ターミナル内では無言の戦いが繰り広げられています。



港に着いたのが午前9時。
チケットの発券が始まったのが午後9時。


無事にチケット購入後、出国手続きのゲートが開くまでに再び2時間以上待ち、
トルクメニスタン人に割り込まれ、出国スタンプをもらったのは結局一番最後でした。
この時ばかりは押しの弱い日本人に生まれたことを恨みます…


ここですでに日付が変わり、船に乗り込んだのが午前1時。



噂では、ぼろい貨物船に併設された客室に乗せられると聞いていましたが、
なんと、、、


乗ったのははピッカピカの船!

IMG_7306.jpg

IMG_7303.jpg

新品のにおいがプンプンします。



新しすぎて、殺風景の船内はまるで病院みたい。

IMG_7250.jpg

食堂もありましたが、使用感が全くありません。

IMG_7251.jpg


こちらは1人50ドルの座席ですが、
見ての通り、座っている人が1人もいませんでした。

IMG_7305.jpg


みんなこれからのさらなる長期戦に備えて個室に泊まるのでしょう。
個室は1人80ドルでした。

部屋もピカピカでトイレとシャワー、タオルもついており、
安いゲストハウスやホステルより、ビジネスホテル並みの綺麗さです。


出航したのが午前2時過ぎ。

トルクメンバシからアゼルバイジャンのバクーへは直線距離で300kmも離れていません。
乗組員に聞いたところ、10時間で到着すると言われました。




揺れのせいもあり、あまり眠れずに朝を迎えました。


朝から船の中を散歩したり、デッキに出てみたり。

IMG_7274.jpg


そろそろ着くかな~とそわそわしてみたり。


船についていた旗がアゼルバイジャンの国旗に変わっていました。
アゼルバイジャンの領海に入ったのでしょうか。

IMG_7279.jpg


時刻はすでに夕方。
着くと言われた10時間をとっくに過ぎています。



再びデッキに出てみると、遠くにバクーの夜景が見えてきました。

IMG_7294.jpg


中央アジアでは見ることのなかった、海の向こうのまばゆい光。

IMG_7297.jpg

オイルマネーで潤い、リトルドバイとの呼び声の高い都市、バクー。
別世界がすぐそこに待っているようでワクワクします。


バクーはすぐそこなのに、なかなか港に到着しません。

今日も海の上で寝るのかな~と、現地人が冗談交じりで言っていたので、
部屋に戻って寝ることにしましたが、数時間後、ドアをノックする音で目が覚めました。
どうやら着いたみたいです。


時刻は午前2時。


え…こんな時間に着かなくても…




下船後、入国手続きも例によってトルクメニスタン人に割り込まれ、
入国スタンプをもらったのはまた一番最後。

どんだけ押し弱いんだよ!笑



トルクメンバシの港に到着してから、アゼルバイジャン入国するまでに
約44時間かかりました(;・∀・)
距離は300kmもないのに!!

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト