fc2ブログ

バックウォータークルーズとカルピス色の…?


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんにちは!

現在地はブルネイダルサラームの首都
バンダルスリブガワン。

インドを出た後、
タイ→カンボジア→マレーシア(コタキナバル)→ブルネイ
と東南アジアをふらふらしてきましたが、
それも今日で終わりです!
週明けからフィリピンでの語学学校生活が始まります('ω')ノ

**********************************

11/1

コーチンからアレッピーに行きます。

アレッピーまではエルナクラム地区のバスターミナルから
バスで1時間30分ほど、52ルピー。

南インドでは鉄道駅が街のメインの場所から離れている場合が多い&
バス路線が発達しているので
短い距離の移動ではバスの方が便利です!

少しの間鉄子封印です。
鉄道でインド一周のルールは、
「ほぼ鉄道でインド一周」に変更したいと思います。笑



さて、南から北上してきた旅人はみな、
南インドはバナナだらけで、しかもすごく美味しいと言っていました。

確かに道を歩いていると数メートルおきにバナナがぶら下がっていて
果物屋さんはもちろんのこと、普通の商店でも売られています。


そんなバナナ王国ならではの
バナナチップ屋さんを発見しました!
店先でバナナをスライスして揚げています。


値段を聞いただけなのに揚げたてを袋に入れられてしまったので、
一袋買いました。



日本で売ってるバナナチップは分厚めで結構バナナの味がしたと思うんですが、
このバナナチップ、あまりバナナの味がしません。
ポテトチップを食べている感覚です。
でもほどよい塩加減でやめられない味(*´з`)


それと南インドに来て感じたのが、
野菜の種類が多くて色鮮やか!
オクラのサイズにはびっくりです。




ほら、人参と同じ長さ!



アレッピーでは私が愛読している世界一周ブロガーさんが絶賛されていた宿に行ってみました。

★K.T.C Guesthouse
400ルピー/泊
Wi-Fiあり(部屋で使用可!)
シーツや枕カバーがかなり清潔!
バスターミナルから徒歩1分!

宿の人も皆親切ですごく良かったです!





昨日いたコーチンからこのアレッピー、
さらに南のコーラムという所までは
バックウォーターと呼ばれる水郷地帯で、
海岸線に沿って川や入江が陸の間を縫うように入り込んでいます。


この地帯に浮かぶ陸地にも人が住んでいて、
彼らは運河を行き来するボートを日常的に使います。


そしてそのボートに乗って運河を巡る
バックウォータークルーズが観光客にも有名なんです!

ケララ州=バックウォータークルーズと思っていたので
もちろん私も乗るつもりで来ました。


何種類かあるクルーズの中で最もメジャーなのが、
アレッピーからコーラムという所まで行く観光用のボート。

このクルーズは途中の村でお昼休憩があるものの、
所要時間8時間

ほぼ変化しない(らしい)景色を8時間も見続けるのはいかがなものかと
思っていたら、
いいものを見つけましたー!

観光用ボートではなく、地元住民用の定期運航船

アレッピーから24km離れたコタヤムという町まで2時間半で結んでいて、
観光用クルーズに比べて変化に富んだ景色が見られるとのこと!
しかも地元住民向けなので運賃は激安!


これがその定期運航船。





定期運航船は混み合うと聞いていたので
30分以上前からスタンバっていたのにガラガラでした(゜д゜;)




出発ー!!!



走り出してしばらくするとハウスボートをたくさん見かけました。
ハウスボートは船の中で寝泊まりができる豪華なボートで
ベッドルームやバスルーム、リビング、テラス完備でコック付き。
ホテルのような造りで、
別名ハネムーンボートとも呼ばれているそうです。





細い水路を走っていたと思えば急に大きく開けた運河に出たり、
他のクルーズがどんな感じか分かりませんが、
一応、変化に富んでいるのかな(°∀°)

細長い陸地には永遠とヤシの木が続いています。



聞こえるのはボートのエンジン音だけ。
すごくのんびりした時間です。



このような停留所に何度か停まります。

停留所では必ず何人かの人が降りていきます。
きっと近くに住んでいるのだろうけど、
家らしきものは見当たりません。
降りた人はどこへともなく消えていきます。




コタヤムが近づくにつれて陸地の幅が大きくなったり、
建物が多くなってきました。



2時間半でコタヤムに到着。
コタヤムからはバスでアレッピーに戻りました。



コーチンで会った旅人(国籍不明)から、
アレッピーではココナッツビールが飲めるいう話を聞きました。

宿に帰り、オーナーに聞いてみると
工場?が近くにあるから一緒に買いに行ってくれるそう!



これがそのココナッツビール…




名前からして瓶に入ったお洒落なラベルのついたビールを想像していましたが、
まさかの量り売り!!

そして見た目はカルピス!!!!


気になるお味は…
想像をはるかに超える味でした( ゚Д゚)!

普通のビールのココナッツ風味な感じかと思いきや、

良く言えば香ばしい。
悪く言えば酸っぱい。

…美味しくないです。

アルコール度数は聞いていませんが、
少し強めだと思います。


ビール好きの私でも全部は飲めなかったので
オーナーにおすそ分けしました。




次回も最南端に向けてどんどん移動~!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにリンッとクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

ツーリングと天からの落し物


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

現在地はマレーシア・コタキナバル。
初のカウチサーフィンを使ってマレーシア人のお宅にホームステイ中です!

**************************************

10/31

宿泊せずに半日だけ滞在したバンガロールから、コーチン(コチ)に来ました。
インド最南端が近づいてきています!



いつも鉄道に乗ると何かしらのハプニングがありますが、
今回は珍しく何も起きませんでした!
それはそれでブログのネタにならないから面白くないんですがね。笑



さて、コーチンはケララ州にあります。

アラビア海に面しているため、
大昔から交易が盛んで
フェニキア人、古代ローマ人、アラブ人の商人が訪れていたそうです。

そしてコーチンは大きく4つの地域に分かれています。
本土のエルナクラム、対岸にある人工のウィリンドン島
直接アラビア海に面しているフォート・コーチンマッタンチェリーの4つ。

本来コーチンと呼ばれる地区はフォート・コーチン指しています。
16世紀以降にはポルトガル、オランダ、イギリスに次々と支配され、
当時の遺産が多く残るのもフォート・コーチン地区です。



鉄道駅やバスターミナルはエルナクラム地区にあるので、
移動に便利なエルナクラムに泊まります!

南インドは安宿が少ないと言われながらも、
泊まった宿がこちら。
地球の歩き方の小見出しみたいな部分に載っていました。

★NEW GITA Residency
350ルピー/泊
ホットシャワーなし
Wi-Fiあり(20ルピー/h)




隣にある食堂のお兄ちゃんが
英語はできないけれど必死に話しかけてくれて
お菓子やジュースをくれて可愛かったり、
夜にオーナーらしきおじさんが自家製ワインをくれたり、
居心地は良かったです!



主な見どころはフォート・コーチンにあるので、
船で対岸に渡りましょー!



船は片道4ルピー。
15分ほどで到着です。





フォート・コーチンの植民地時代の遺産として最も多いのは教会です。

これはポルトガル時代に建てられたサンタクルス聖堂。
残念ながら門が閉められていて中には入れませんでした。
教会のあの静けさが好きなんだけどなぁ。






こちらもポルトガル時代の聖フランシス教会。

ここコーチンで亡くなったヴァスコ・ダ・ガマのお墓があります。
遺体はその後ポルトガルに送られたため今はお墓は空っぽだそうです。



そして教会の他に有名なのがこれ!



チャイニーズフィッシングネットという
文字通り魚をとるためのネットです。

コーチン独特の漁法だそうですが、
ネットを海中に沈めてロープを引き上げると魚がわんさかネットにかかっているという
比較的容易に想像できてしまう仕組みです。



ここで写真を撮っているとネットの近くにいたインド人に声をかけられました。

「へ~い、もっとネットの近くで写真撮りなよ。
ほら、こっちこっち!」



ネット先の方まで私を連れていこうとします。

えーこれお金請求されるパターンじゃないのー?
と思い、
念のため確認してみると

「何を言っているんだ!もちろんフリーだよ!」


あ、そりゃ失礼しました。
こういうときいつもお金のことを気にしてしまう自分が恥ずかしくなります。


しばらくこのインド人の兄ちゃんとネットの近くに座って話をしていると、
ガソリン代だけ払えばフォートコーチン地区をバイクで案内してくれる
と言い出しました。


歩いて周るには少し遠い場所もあるし、
ちょうどどうしようかと考えていたところでした。


いい人そうだし大丈夫かなぁー。
こういうとき、最後までその人のことを疑う気持ちを持っていなければなりませんが、
最終的にこの人は本当にいい人でした。


これがその兄ちゃん。
店員さんのカメラ目線が素敵です。




ガソリンを入れ終わり、
後ろに乗せてもらって出発です!

しばらく走っていると、



ぼとっ。



頭に生暖かい衝撃が…



そうです、鳥さんの落し物をくらいました。


そういえばつい最近シムラーでも落とされたんだった!
一ヶ月のうちに二回も落とされるってどんだけついてるんだ私!!!

近くの商店に寄って兄ちゃんに水で洗い流してもらいました。
こういうとき一人じゃなくて本当によかったなと思います。
前回もたまたまインド人と歩いているときでした。



気を取り直して…
マッタンチェリー地区にある
パラデシ・シナゴークというユダヤ教の会堂に行きました。

当時ほどではありませんが、
現在もこの周辺はユダヤ人街となっているそうです。


が、まさかの休館日。


こんなこともあるよね!
さぁ、次々!



次に向かったのがすぐ近くにあるマッタンチェリー宮殿
ポルトガル時代に建てられ、
オランダ時代にも使われていた宮殿です。

ドアが可愛い~



ん?


はい!こちらも休館日ー!

ガイドブックには金曜は休みだとしっかり書いてありました。
ちゃんと読まなきゃかった私が悪いです。


もー今日はなんて日だ( ;∀;)!



兄ちゃんお気に入りのビーチへ連れて行ってくれました。
地元の人しか知らないような静かなビーチです。


船に書かれているのはケララ州の言葉、マラヤーラム語


インドは州ごとに独自の言語を持っています。
北インドではだいたいどこでもヒンディー語が話されていますが、
南インドでは州の独自の言語が主に話されているそうです。
そのため南ではインド全土の共通言語である英語を話せる人が多い印象でした。



最初のチャイニーズフィッシングネットにあるところに戻ります。
ここは夕日が綺麗な場所としても有名です。




夕日を見てバイクの兄ちゃんとはお別れです。

ここまでずっと彼のことを兄ちゃんと書いていますが、
色々連れていってくれて良くしてもらったのに名前を忘れるなんて最低だなー私!笑




ここからは最南端まで小刻みに移動ラッシュー!!



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

タイムリミットは12時間


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

リアルタイムではカンボジアからマレーシア・コタキナバルに来ました。
先日アンコール国際ハーフマラソンに参加し、無事完走しました!

****************************************

10/30

ホスペットからバンガロールに到着しました。


バンガロールはインド第三位の人口をかかえる大都市で、
IT産業の中心都市として有名です。

そんなバンガロールですが、

大都市=安宿がない

見どころがあまりない

ということで、
今日はバンガロールには泊まらずに
夜行列車で次の目的地に行くことにします!


バンガロールに着いたのがAM6:00
次の街コーチンへの列車の出発はPM18:45

バンガロールにいれるタイムリミットは約12時間!
これを長いと感じるか短いと感じるかはバンガロールにかかっています。
半日で私をどれほど楽しませてくれるのでしょうか!


今日は泊まらないので荷物を宿に置くことができません。
かといってバックパックを背負って半日も歩き回るわけにもいきません!

そんな時に便利なのが、
駅のクロークルーム(荷物預り所)です!



列車のチケットを持っていれば24時間15ルピーで荷物を預かってくれます。

セキュリティが気になるところですが、
駅のクロークで盗難にあったという話は今まで聞いたことがないので
大丈夫だと信じます。
一応インド国鉄がやっているので下手な宿よりは安心して預けられると思います!


荷物を預けて身軽になったら、
朝ごはんを食べに行きましょー!


バンガロールはローカルマーケットがある下町エリアと
カフェやショッピングモールがあるMGロード周辺のイマドキエリア
に分かれています。


大都市なら最先端なWi-Fiありのお洒落カフェとかありそうだし
夜行移動で疲れたからカフェでゆっくり朝ごはん食べたいな~

ということでまずはMGロード周辺に向かいます!

駅から5kmほど離れているので駅前のバスターミナルからバスに乗ります。(20ルピー)


AM7:00
MGロード周辺の繁華街らしき通りに到着。




シーン…

人っ子ひとり歩いていません。


あれ?
お洒落カフェは??
優雅にネットしながらの朝ごはんは???

しばらく歩いてみると第一都市人発見!
朝ごはんが食べられるお店を聞いてみました。


「このへんのお店は11時にならないと開かないよ~」


シヴァジなんとかという地区に行けば朝ごはんを食べられる店があるらしいので、
教えてもらった方向へ1kmほど歩くとお洒落カフェとはほど遠いローカル飲食店を見つけました。


お腹と背中がくっつきそうだったので仕方なくここで食べることにしました。


ドーサという米粉でできたクレープのようなもの。
これにカレーやチャトニーというソースをつけて食べます!



南インドの朝ごはんは種類が豊富で美味しいです。
しかも安い!
これで30ルピー(約54円)。


お腹は満たされましたが、
今度こそゆっくり座りたいしトイレも行きたい!


地図を見てみると、
涼しい!きれい!トイレがある!たまにWi-Fiもある!
でお馴染みのインドのオアシス、マクドナルドがMGロード周辺に2軒あるみたいなので行ってみます!



あった!


あれ?


開店時間AM9:00。

現在時刻AM8:00。

ドナルドさんの隣で一時間も待てません( ;∀;)!


地図には他に
インドでは珍しいコーヒーチェーンの
CAFE COFFEE DAYというカフェが載っているので
今度はそちらへ行ってみます!


が、

こちらも9時オープン。

あと30分だし外で待とうと店先に座っていると、
店員さんが出てきました。

「コーヒーが飲みたいならこの先のホテルのレストランなら開いてるよ。
ここで待たないで。」



冷たっ!
さすがは大都市…
インド人らしからぬ冷たさ…

コーヒー一杯がいくらするかも分からないホテルには行きたくなかったので
最初に着いた繁華街の方に戻ってみます。
着くころには9時になってどこかしら空いているはず!

かれこれ一時間歩きっぱなしです。

早くどこかに座りたいよーう(;O;)


AM9:00
別のCAFE COFFEE DAYを発見!
今度こそ開いている!
Wi-Fiもあるみたい!

飲み物を注文するとレシートにWi-Fiのパスワードが書かれているシステムのようです。


ルンルンでパスワードを入力し
ゆっくりブログでも書こうと思ったら、
なんとここのフリーWi-Fiは30分しか使えないということが発覚。

朝ごはん4食分の値段の飲み物頼んだのに!


悔しいので他にフリーWi-Fiが使える場所を探すと、すぐ近くに見つけました。


超お洒落だしWi-Fiサクサク。
初めからここに来ればよかった…

コーヒー一杯で12:00まで粘りましたが
追加の注文をせがまれたので
お洒落カフェを出ました。


近くにショッピングモールを見つけたので行ってみました。
デリーやムンバイでは見つけられなかったので、
こういうモールはインドでは初めて行きます!


ブランドのお店やフードコートがあり、
イオンとさほど変わりません!


そしてこのモールには映画館があります。

インド映画といえばこの人!というくらいの
超有名俳優シャー・ルク・カーンが出ている新作が最近公開されたようなので
ちょうど見たいと思っていたところでした。

…が、
ちょどいい上映時間がなかったため断念。
この先どこかで見れたらいいなー。



この時点で13:00.。
残り時間5時間!

…長いです。


一応地球の歩き方にはバンガロールの見どころが何か所か載っていますが、
博物館や政庁ビルなどにはあまり興味が持てず…
唯一興味を持ったラールバーグ植物園というところに行ってみます!

96haの広さを誇る美しい大庭園だそうです。
ベンチでゆっくり読書でもしましょうかね!

植物園まではバスで行きます。


入場料は10ルピー。


確かにすごく広かったのですが、
花はあまり咲いていませんでした( ;∀;)
植物園というより広い公園という感じです。


そして優雅な読書計画は…
いたるところでインド人の家族連れや若者集団が騒いでいて、
落ち着いて本を読める場所がありませんでした。
よって30分ほどで退散しました。



ここでやっと16:00。
今日の締めはローカルマーケット!


はい、
どの街にもあるような普通のマーケットでした。


でも入れ歯屋さんは初めて見ました!



18:00
バンガロールシティ駅到着。


12時間…


ものすんごく長かったです!!!
だから大都市は好きになれません。



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

ハンピ最終日は遺跡巡り


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんにちは!

リアルタイムはカンボジア・シェムリアップ。
マラソンに出るため、タイから国境を越えて来ました!

****************************

まだハンピです。

今日も快晴です。

ハンピに来た一番の目的は丘に登って景色を見ることでしたが、
まだまだ見るべきものがあります!


最終日には
王宮地区という、
かつてのヴィジャヤナガル王国の城塞、王宮があった場所に行きました。


王宮地区は宿が集中しているハンピバザールから南に3kmほどのところにあり
若干遠いですが、
一時間以内で行ける場所なら徒歩圏内だと思っているので
ぶらぶら歩いて行っちゃいまーす♪


着いた日から感じでいましたが、
ここハンピ、
中心から少し離れるとどこを歩いていてもあまり人がいません!

宿の周りでは観光客や
もちろん地元の人もたくさん見かけますが、
観光客は日中はどこに行っているのでしょうか。


そういうひと気が少ない時に一番怖いのがお馴染みの
どうぶつシリーズ。

今日の敵はです。

インドの犬は狂犬のイメージと違って意外とおとなしい犬が多いんですが、
たまにこちらの姿を見つけると吠えてくる犬もいます。


一匹の犬が10メートルくらい先から
吠えながら歩いて近づいてきました(((( ;°Д°))))


やばいこわいどうしよう


運よく数メートル先に小さなお寺があり、
地元のインド人おばちゃんが団欒してました。


おばちゃん集団に助けを求めると
一人の勇敢なおばちゃんが立ち上がり、
武器をもって謎の声を発します!




この声が犬を追い払う用の声なのか分かりませんが、
犬はスタスタ逃げていきました!

おばちゃんありがとうー!!


勇敢じゃなくてもたいていのインド人は犬を追い払う技をもっているので、
普段犬を見かけるとインド人を盾にして歩くようにしています。




犬の次はヤギさん御一行様に会いました。


ゾロゾロ…



ゾロゾロ…



ゾロゾロ…



ゾロゾロ…



ゾロ…

あ、終わった。


普段あまりヤギのことを可愛いと思ったことはないですが、
このヤギはふわふわして可愛いかったです(*´ω`)


人間よりも多くの動物に会いながら、
王宮地区に着きました!

とても広い範囲に渡って遺跡が点在していますが、
一応看板が立っています!




かつてのモスク物見塔(←こんな言葉ある?)があったり、






建物の土台だけが残っている場所があったり。
(個人的にはこういう方が好き)






このあたりでは一番目立っていた建物、
ハザーララーマ寺院

タイミングよく記念撮影のようになりました。



壁にはヤーマーヤナ物語(インドの叙事詩)がテーマの
戦士やゾウの行進のレリーフが刻まれています!





クイーンズバス(王妃の浴場)

どこからか王様が妃の入浴姿を眺めていたんでしょうかね~
お湯を通したと思われる水路ちゃんとがありました。




これらの遺跡は全部無料で見ることができますが、
ハンピ全体の遺跡や寺院のj中で有料の場所が二か所だけあります。
共通のチケットで両方に入ることができます。

ザナーナー・エンクロージャーという地区と、
ヴィッタラー寺院。


これら二か所は共通のチケットで入ることができますが、
チケットは同日のみ有効なので二か所一気に行かないといけません。


今はザナーナー・エンクロージャーの近くにいて、
もう一つの寺院は結構離れていてオートリキシャーを使わないといけない距離です。

リキシャーはぜったい料金をふっかけてくるから
交渉が面倒くさいし、
寺院は一応、一昨日外から見ておぉーってなったし…

…有料地区は行かなくていっか!


今までだったら無料有料かかわらずとりあえずすべての遺跡や寺院は見てきました。

多くの遺跡や寺院を見すぎた今、
それぞれの違いなんて分からないし、
正直お腹いっぱい(´Д`;)


でもだからと言ってせっかく行ったのに全部見ないなんて勿体ない!
とは思いません。


来ることに意味がある!
歩いているだけでも楽しいんです!

例えば…
農作業のお昼休み中の人達に会って
トラクターに乗せてもらったり、
(なぜかおばちゃんから何回も頭なでなでされたけど)








少年たちが自転車で走り回る姿の写真とビデオを永遠と撮らされたり。



無邪気だな~なんて思っていたら
この後奴らから集団セクハラを受けました笑
このクソガキどもめ!


夕方までハンピ最終日を堪能しました。




夜は夜行列車でバンガロールに向かいます。
二回連続でバス移動だっので久しぶりの鉄道だ~♪




ハンピには駅がないので、
30分ほど離れたホスペットという街までバスで行きます!


ホスペットのバスターミナルから鉄道の駅までは、
バスターミナルを左手に大通りを1,5kmほどずっと真っ直ぐ行った所にあります。




21:05出発の予定でしたが、
ちょい遅れの21:15頃にホームに入ってきました。


列車の出発が21時を過ぎるときはいつも、
三段ベッドの一番上の段を指定している場合は
乗った瞬間ソッコー上に上がって寝ます。


発車してから何駅かに停車した後、
誰かに足を叩かれて起こされました。
見るとインド人の若者が二人が立っています。

「ここ、僕の席なんだけど」


何回も確認したし間違いないはずだけど…
念のためもう一度確認してみましたがやはりこの席で合っています。


若者の席番号を見せてもらうと、
確かにこの番号が書いてあります。



あれ??
インドの鉄道にオーバーブッキングとかあるの???



こういうとき、優しいかつおせっかいなインド人だと
車掌を見つけてきてくれたり、
事態を解決しようと努めて最後まで助けてくれます。


しかしこの若者は違いました。

「この席は僕のだ、君が間違っているんだ、早く下に降りて」
しか言いません。


えーーーーーーー
このままだとこいつに席を奪われてしまうよーーー!

と焦っていると、
ナイスなタイミングで車掌登場!


若者はここは当然僕の席だよねと言わんばかりに車掌に詰め寄ります。
私も負けじと車掌に席番号を見せます。

「私の席ここですよね?ほらちゃんと書いてあるし」

車掌「えーと、君の席はアップグレードされてA/C車両になったよ」



…アップグレード?A/C??


そんなもん知るか!
もっと早く言いに来てよ!!


若者「ほーら、やっぱりここは僕の席だ。早くどいて」

はいはい、失礼しました。


ラッキーと思いましたが、
よく考えてるとこのアップグレード…

先日ウダイプルからアフマダーバードまで乗った時に
なぜがA/C車両がキャンセルされてスリーパークラス(A/Cなし)になったことがありました。
カード支払いだったので、差額の返金は後からカードにされると言われていたんです。


その返金がまだされていなかったので、
その代わりなのでは…?


A/C車両は毛布がついていて、
毛布をかけないと寒くて眠れないのですが
今回のこの毛布、臭くて顔の近くまでかけられません。
さらに何十か所も蚊かどうがよく分からない虫に刺されて痒すぎ。


せっかくのアップグレードだったのにほどんど眠れないままバンガロールに到着しました…( ;∀;)



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

南インドで一番見たかったもの


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

リアルタイムはタイ・バンコクの空港に着きました!
なんでしょう、この安心感。

**********************************

ハンピ三日目。

今日はいよいよハンピのハイライト、
南インドで一番楽しみにしていたマータンガ丘に登ります!



心配していた天気は…


じゃん!



快晴ー!!!


二日間待った甲斐がありました!
二日前の天気予報では今日も雨だったのに、
今日から何日間か連続で快晴に変わっていました。


丘に行く前に朝だけ出ている屋台で朝ご飯。



左側の白いのはイドリーという米粉の蒸しパンのようなもの。
このイドリーにカレーをつけて食べます。

イドリーは南インドの食べ物ですが、
つける液体はどこへ行ってもカレー。
つけられる炭水化物がお店や地方によって違うだけです。



さて、宿でタイラくんと合流してマータンガ丘へ!!!

パッと見低そうな丘ですが頂上からはハンピが一望できるそうです。

楽しみ~(*´з`)♪




丘といっても岩山なので階段はありません。
踏み外すと滑ってしまうので気を付けて登ります。



まだ頂上ではないですが、
開けたところに出ましたー!




どうでしょう(゚∀゚*)!

この写真でどこまで伝わるか分かりませんが、
ずーっと先までこんな景色が続いています!


これらの岩山は自然にできたものとされていますが、
人工的にできたように綺麗に積み上がっているものもあります。
でも遥か昔に岩を積むための機械なんてないし、
人の手によって積み上げられたとは考えにくいので
どのようにしてこの岩山が出来上がったのかが本当に謎!


朝なので空が白んでいるのが残念です。







ここでもお決まりの写真を!
写真の彩度を調節したら肌の色が岩と同じになりましたが、
実際はこんなに焦げてませんよー。



一人じゃないと色んな写真が撮れるから本当楽しい!
やっぱり一人旅って寂しいな~…



もう少し登ると頂上に着きました。






世界中にはまだまだたくさんの絶景があるけれど、
ここよりあそこの方が綺麗だったと比較していくのではなく
一つ一つの絶景を見てその時に感じた衝撃や気持ちを大切にしたいと思いました。



頂上から丘の裏側を見てみると、
階段があって下まで降りれそうな道を発見!
ガイドブックには一切載っていない道ですが、
同じ道を戻るのも面白くないので逆側から降りてみることにしました!

ただ道のすぐ先には川が見えていて
川を渡れる橋があるかは不明…



階段なのであっという間に下に着きましたが、
やはり川には橋がなく、
流れも早めなので歩いて渡るのも無理!
(タイラくんに渡らせようとして私は見ているだけ)




また丘を登るのは嫌だったので、
どうにか来た道を戻らなくていいように
他に行けそうな道を探してジャングルのようなところを少し進んでみます。

しばらく進んでみてもそれらしき道は見つかりません。
人気も全くなく、遭難した気分。



…戻りましょうか!


本日二度目の登頂!
一回目には白んでいた空が少し青くなり、
より遠くまで見えました。

数時間の間に二往復することになりましたが、
絶景を二度見れたのでよしとしましょう(*´ω`)












夕方、日が暮れる前にサンセットポイントに行きました。




陽の光が岩に反射してすごく綺麗です。



サンセットポイントだけあって、
観光客目当ての物売りの子供たちがたくさんいました。
そんな彼らも皆一緒になって夕日を眺めます。

遠くの山に沈む夕日。
最近見た夕日の中で一番綺麗でした!





次回はハンピ最終日!
一つの街でこんなに長くブログ書くの初めてだなぁ.。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)


スマホ・ガラケーの方はこちらをクリック!

おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

ハンピ二日目


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんにちは!
ついにインド一周スタート地点、コルカタに戻ってきましたー!

***************************************

ハンピ二日目。


朝、宿の併設のレストランで
モーニングチャイをしていると、
見覚えのあるアジア人が入ってきました。

ムンバイからゴアのバスで一緒だったタイラくん!
彼もカルヤンゲストハウスに泊まれず
このゲストハウスに流れてきたみたいです。


ハンピに来たら絶対登るべき、絶景が見れる丘(マータンガ丘)
天気を理由に登るのを後回しにしていましたが、
人気が少なくて強盗が出るという噂があったので
実は一人で行くのをびびっていたんです。


迷わず彼をお誘いして一緒に丘に登ることになりましたー!!


ただ、昨日に引き続きあいにくの空模様。
明日にかけてみることにしました。



昨日からの牛への恐怖心は消えませんが、
今日はもう少し遠くへ行ってみることにしました。


泊まっているハンピ・バザールのすぐ北側には
トゥンガバドラー川という川があり、
渡し船で川の向こう側へ行くことができます。

向こう側にある村がのどかでいいらしいんです!!


宿のすぐ近くから渡し船が出ていますが、
もう一か所2、3キロ離れたところにも船乗り場があるので
歩いてそちらに行ってみます。



ハンピはとても広い範囲で遺跡が点在しているので
いたるところに案内板がありますが、
ほとんどこんな感じです。
世界遺産とは思えない…!


入場料をとる遺跡が2つだけしかなく、
それ以外の遺跡は全部タダで入れてしまうのでお金がないのでしょう(:_;)



遺跡や岩山の中を進みます。
ちょっとした高さの丘がたくさんあり、
少し登るだけで景色がガラッと変わります!
天気わるっ…





しばらく歩いていると、アジア人発見!

格好からして中国人か韓国人かと思いましたが
話かけてみると、

めちゃくちゃ流暢な英語で
「I'm from America.」


アジア系の顔をしていてもアメリカ人と聞くと
一気にかっこよく見えてくるのは私だけでしょうか!
彼の名はジャスティン。
無駄に呼びたくなる名前!!

ただ彼、
靴下が超絶汚い、
鞄もボロボロ、
ちゃんとシャワー浴びてる?って聞きたくなるくらいの色んな臭いが…
何があったのでしょうか…


普段、相手がアメリカ人とか西洋人だと
怖気づいてしまって上手く英語で話せないのですが、
顔がアジア系なだけあって安心感がある!


途中で道に迷ったりしながら道じゃないような道を進んだり、
ジャスティンとの束の間の冒険を楽しみました~♪

ジャスティンは途中の寺院に寄るそうなので、
ので寺院で前でお別れ。


私はもう少し先まで歩いて船乗り場に到着ー!
片道10ルピーで向こう側に渡ります。



川の向こう側の地域は、
アネグンディ遺跡群と呼ばれていて
ハンピ同様に古い遺跡がいくつかあるようですが、
生活感満載のただの村でした。
観光客は一人も見かけませんでした!


そういう村ではすかさず子供たちが集まってきます。

ハロー!
ワンフォトー!
スクールペン!
チョコレート!
テンルピー!


最後の3つは田舎の村では子供たちからよく言われるフレーズ。

田舎の子供ならではというか、
同じ子供でも都市部の子供はただ手を差し出してくるだけという点では全然違います。
田舎の子供には笑顔と無邪気さがあります。






何人かがずっと着いてきてどうしようと思いましたが、
ちょうどお昼時だったので
逃げるようにして村の唯一の食堂に入りました。
(こんなに写真撮ってるけど子供はあまり得意ではありません笑)


同じ道を引き返すのは嫌いなので、
もう一つの船着場からハンピ側に戻ろうと思ったのですが
5キロ以上ありそうなので歩くのは断念…


オートリキシャーで船着場まで行くことにし、
途中の丘の上にある別名モンキーテンプルという寺院に寄ってもらうことにしました。


そして天気予報では絶望的な予報が続いていたにもかかわらず、
午後になって急に晴れてきました!




これが別名モンキーテンプル
(正式名称は不明)
頂上にある白い建物が寺院。
これを頂上まで登っちゃいます!



さすがモンキーテンプル。
頂上への階段には猿が食べ散らかしたゴミがたくさん落ちています。




急に晴れたもんだから汗だくになって頂上に到着!
この茶色いのは全部岩山です!
どのようにして岩を積み上げたのかが不思議でたまらない(゜д゜;)





頂上には猿がたくさんいて常に食べ物を狙っています。
インド人は猿の前でも平気で何か食べ始めるからすごいです。






モンキーテンプルを後にし、
船着場の手前の村でリキシャーを降ろしてもらいました。


村には田園風景が広がっています。
田んぼの後ろにはヤシの木。
そのまた後ろには謎の奇岩群というなんとも不思議な光景です!



このヴィルーパプール・ガッティ村
のどかでいい所だと聞いていましたが、
想像していたよりもゲストハウスやツーリスト向けのレストランが多かったです。

でも雰囲気は沖縄の離島のようでした。




渡し船でハンピに帰ります。
最終便が近かったからか、
船着場は外国人ばかりで混雑していました。



対岸にはハンピ最古の寺院、
ヴィルーパークシャ寺院が見えます。



ハンピに戻った途端、雨が降ってきました。
変わりやすい天気。


大きい街はいろいろと便利で好きですが、
こういう村の方がのんびりしていてやっぱりいいなと実感した一日でした(´ω`*)



次回はハンピのハイライト、
絶景が待つ丘へ!!
果たして天気は見方してくれるのでしょうか!



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)


スマホ・ガラケーの方はこちらをクリック!

おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド
«