fc2ブログ

フィリピンな日々とフィリピンクリスマス


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
おはようございます!

現在地はオーストラリア・アデレード。
なんと気温40℃!

*********************************

今日は語学学校に行っていた期間の生活について。


語学学校にいる間は、
規則正しい生活を送っております。

6時半に起床
7時から朝食
8時~12時まで授業(50分×4)
12時からランチ
13時~16まで授業(50分×3)
18時から夕食
以降適当に寝る


毎日決められた時間に起きて
決められたことをするというのが久しぶりなので、
かなり新鮮な気持ちです。


初めの週は振替のため土曜日まで授業がありました。

土曜の最後の授業が終わった後の、
華金のような気分がなんともすがすがしいです。


平日はあまり外出はしませんが、
金曜や土曜の放課後ともなればやはりこれですよね!




フィリピンではサンミゲルというビールが主流です。
茶色いビンのピルセンという種類が一番多く飲まれている普通のビール。
青いラベルのライトは、度数は同じですがあっさりした味のビール。


サンミゲルの他にもよく飲まれているのが、



レッドホース!!
これはアルコール度数が7度と高めです。
味も強め?濃いめ?という感じです。



大体のお店にはビールのバケツというメニューがあり、
バケツで頼むと5本分の値段で6本入っているのでお得です!



ぬるくなるのが難点ですが、
言えば冷えているものと交換してくれます。


お会計のときに数をごまかされることがあるので、
いつも空き瓶は下げてもらわずにテーブルの上にキープしたままです。
なので大勢で飲みに行くとテーブルの上はビール瓶でいっぱいになります。



ビールといえば、
学校の近くに、学生証があると無料で入れるプールリゾートがあり、
ある週末にみんなでビールやピザやチキンを買って持って遊びに行ったときのこと。




クーラーボックスの底までビールがぎっしりです!
人数に対して、明らかに買う量を間違っています。


学校へのお酒の持込は禁止されているので、
全部消費して帰らなければなりません。

他の生徒のほとんどは若い韓国人です。
ゲームで負けた人が缶の半分を一気飲みするという、
なんとも若いノリのビール消費大会が始まりました。
この韓国のゲームとコール(ダンス付)が面白いし、
こういうの懐かしくて楽しいけどアラサー女子がついていくのは大変でした。



さて、このころはまだ12月。
フィリピンでもクリスマスシーズン真っ只中です!
キリスト教なのでなおさらですね!!
9月にはもうクリスマスのデコレーションなどが始まっているそうです。
そして年が明けてもまだクリスマスムード。


キリスト教圏でクリスマスを迎えるのは初めてなので、
本場のクリスマスの雰囲気を味わえるのを楽しみにしていました。


初めの週の週末には先生が学校の近くのイルミネーションを見に連れて行ってくれました。



日本のような光のイルミネーションだけではなく、
このような木でできた飾りがたくさんあって可愛かったです。

みんなで集合写真なんて撮っちゃったりしてなんだか青春。



そして迎えた12月24日、クリスマスイヴ。


この日はフィリピンは祝日です。
語学学校も休みになりました。
年末年始もはさんで、12月24日~1月4日まで12日間も!!


私が入学した頃には、
他の生徒は既にこの休みの期間にどこかに旅行に行く計画を立ててしまっていました。
だからみんな寮にもいないことになります。



ぼっちクリスマス確定ー(´∀`)


キリスト教圏だからクリスマスは盛り上がって、
生徒や先生たちをワイワイ~♪
なんて夢みていた自分がばかでした~!笑

キリスト教圏だからこそクリスマスは家族で家で過ごすんですよね!
そりゃ学校も休みになりますよね!


というわけで、
私もせっかくなのでこの期間に小旅行に出ることにしました。
ひとりで。



行き先は同じネグロス島のドゥマゲッティというところです。
同じ島とはいえ、山を越えていくので、
バコロドからバスで7時間もかかります。


クリスマスなので予約なしでは泊まれないかなと心配していた宿はガラガラでした。

フィリピン初の宿。
★ハロルズ・マンション
ドミトリー250ペソ/泊
シーツや枕カバーはパリッとしていて綺麗だし
屋上のレストランではコーヒー紅茶がfree
Wi-Fiもサクサク(たまに不安定)



荷物を置いてドゥマゲッティ散策開始です。
が、24日は早く閉まるお店が多く、人通りもあまりありません。
少しでもクリスマスらしいことがしたかったので
ひとりジョリビーのチキンを食べて帰りました。。。


25日、クリスマス当日

朝起きると、
泊まっていたドミトリーのロッカーにつけていたダイヤルロックが壊されかけていました。
最後まで壊れていなかったので何も被害はありませんでしたが…
夜中に誰かが入ってきてやったのか、
同じドミトリーに泊まっていた人がやったのか…

ロッカーには貴重品を全部入れていたし、
こんなの初めてだったのでめちゃくちゃ怖かったです。

ダイソーのダイヤルロックだけどなかなか強くて助かりました。


この日はクリスマスということで、教会に行ってみました。





ちょうど何かの儀式が行われていたらしく、
教会にはたくさんの人がいました。
あまりに神聖だったので中に入るのはやめておきました。





というかそもそも、
クリスマスに一人でジョリビーのチキンを食べるために
クリスマスに鍵を壊されるために
クリスマスに一人で教会に行くために
ドゥマゲッティに来たのではありません!


ドゥマゲッティにはダイビングで有名なポイントがあるので、
ダイビングをしに来たんです!
アポ島という島の周辺は透明度がすごくて、
世界のダイビングスポットランキングベスト10に入るほどだそうです。


そしてフィリピンにいる間にアドバンスライセンスをとろうと思っていたので
ここでとってしまおうと思います。
誰もが最初にとるオープンウォーターというライセンスだと最大18mまでしか潜れませんが、
アドバンスを持っていれば30mまで潜ることができます。
これから世界の海で潜るにはこれが必要なんです!

泊まっていた宿にダイビングショップが併設されていて、
SSIという認定団体のアドバンスライセンスコースが10,000ペソ。
調べた中で最安でした。


毎度のこと、水中カメラがないのでダイビングの写真が載せられないのが本当に残念です。

台風が近づいているようで天気は悪く、海は大荒れでした。
それでも水中の透明度はすごく、魚もたくさんいました。


2日間のコースが、初日に耳ぬきがうまくできず3日間になりましたが
無事にアドバンスライセンスをゲットすることができました。


ライセンスをとってから潜りたいと思っていた世界トップ10のアポ島
予定していた当日、
台風のせいで見事にキャンセル!!


翌日まで待とうかとも思いましたが、
これ以上いると年が明けてしまします。
さすがにここでの年越しは寂しいので学校に帰りました…



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: フィリピン

フィリピンの食事情


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!
現在地はオーストラリア・メルボルン!

**************************************

語学学校生活では3食しっかり食事がでるので、
食事には困りません。


しかし日によっては、
他の生徒の送別会をしたり、
休日に出かけた先で食べたりと、
外食をもします。
毎日の韓国料理も飽きるしね。



今回はフィリピンの食事情について。


もうこれはフィリピン料理と言ってもいいほど、
どこに行っても目にするのがファーストフードのお店です。


かつてはアメリカの支配下にあったこともあるため、
その影響を強く受けているのか分かります。



まぁまずファーストフードと言えば、




ドナルドさんでお馴染みの、
マクドナルドです。

どこに行っても見かけます。
語学学校から徒歩3分くらいのところにもありました。



そしてマクドナルドがあればその近くに必ずあるのが、






…だれ?



ジョリーさんです。



そのジョリーさんが率いるのが
Jollibee(ジョリビー)


なんだこいつ!胡散臭いぞ!と思うかもしれませんが、
このジョリビーはフィリピン発のファーストフードチェーンで
フィリピンでは大大大人気のお店なんです。


フィリピン全土だけでなく、アメリカ、香港、ベトナムなど海外6ヶ国にあり、
世界進出も果たしてます。


Wikipediaによりますと…

世界に進出し、各国においてファストフード業界のトップシェアを保持しているマクドナルドがフィリピンでシェア第一位になれない原因は、ジョリビーがあるからだと言われている。

ジョリビーがマクドナルドを超える人気を保持している理由は、地元の食文化に根ざしたメニュー展開にある。フィリピン人好みの甘い味付けや、フライドチキンと彼らの主食であるご飯を添えたセットメニュー、主食以外にもスパゲッティとコーラのセットといったメリエンダ(おやつ、軽食)用のメニューも充実している。


だそうなんですね~!!


世界のマクドナルドをしのぐジョリビーなんです。


どちらかのお店があれば必ずすぐ近くにもう片方のお店があります。




語学学校の先生によれば、
新しくどちらかの店ができると
追随してすぐ近くにもう片方のお店ができるそうです。

道を挟んで向かい合わせとか、
隣合わせで並んでいるのも見かけました。
そんなに近づかなくても!



世界のマックをしのぐジョリビーがどんなものか、
もちろん両方行って食べ比べです。

まずは世界のマクドナルド~フィリピン編~から。


バーガー系のメニューは日本とほとんど同じですが、
日本には絶対にないメニューがあります。




フライドチキンとご飯!!

もはやハンバーガーチェーンではありません。

これが一番安いメニューで50ペソ(約130円)です。
チキンの種類によって、もう少し高いセットもありました。



これに対抗するのがジョリビーです。




全く同じメニューを出しています。
値段もほぼ同じです。

このチキンが人によって好みが分かれると思います。
マックの方はカリカリしていて美味しいけど…
ジョリビーの方がジューシーな気もするし…


個人的にはジョリビーの勝ちでした!!


ジョリビーにはこんなメニューもあります。




スパゲッティ!!

ただのミートソースかと思いきや、
なぜがピリ辛で美味しかったです。


チキンやスパゲッティの他にも、
ハンバーグとご飯のセットやホットドッグなどもありました。
もちろんバーガー系のメニューもあります。
もうメインのメニューが何なのか分かりません。



大手のチェーン店だけではなく、
街のあちこちにはこのような小さなハンバーガー屋さんもあります。






注文するとその場でお肉を焼いて作ってくれます。
お肉ぺらっぺらですが。笑
そしてケチャップの色が不思議。


ハンバーガー以外にも、
フィリピンにはアメリカンな食べ物が本当に多いです。


ハンバーガーに次ぐジャンクフードの代表格ともいえる、
ピザ


日本でもお馴染みのチェーン店はもちろんのこと、
日本では見たことのないようなピザ屋さんがたくさんあります。




そしてでかい!!!

すべてのピザ屋のピザがこんなに大きいわけではありませんが、
このピザ屋は学校の近くにお店があって、10人がかりで食べるほどの大きさのピザで有名です。
(お店の名前忘れた)




さて、ここからはローカル食堂で食べられる本当のフィリピン料理です。

まずはこちらから~






いきなり衝撃的な写真でごめんなさい!


街を歩いていると、このような豚の丸焼きをよく見かけます。

レチョンバボイという料理です。
料理といっても見たまんま、豚の丸焼きです。


グラム単位で注文すると細かく切ってくれます。




これが本当にビールに合う合う!
かなり油っこいですが、まさに厚切りチャーシュー!!
香草を詰めてじっくりと焼くため、肉に味がしっかりとついています。
噛めば噛むほど味が出て美味しいです。


それから豚さんに負けないくらいよく見かけるのが、
鳥さんです。

串にささったチキンがグルグル回転しながら焼かれています。
(あまりにも見かけるからいつか写真撮ろうと思っていたら撮り忘れた)
チキンはレチョンマノックといい、
特に学校のあるバコロドではこのチキンが有名らしいです。

丸々一羽分買っても大体200ペソ(500円くらい)です。



その他のローカルな食事はトロトロと呼ばれる、
大衆食堂で食べることができます。


東南アジアの他の国のようにバットに入ったおかずが並んでいて、
一品25ペソ(約60円)ほどで食べることができます。

しかし並んでいるものは彩りに欠け、
茶色いもの、いかにも味が濃そうな見た目のものが多いです。



そしてかなりシンプルです。



魚とご飯!
ザ・シンプル!

どこに行ってもご飯はこのスタイルで出てきます。

フィリピン人はご飯が大好きだそうで、
レストランの宣伝などでunlimited rice!(ご飯おかわり自由!)
というのををよく見かけます。



次はデザート部門です。





路上でよく売られている揚げバナナです。
揚げたバナナが甘~いアメのようなソースでコーティングされています。
揚げたてはホクホクで美味しいです。

バナナの他にサツマイモのようなイモもありました。






そして番外編がこちら。





ゆで卵ではありません。

これは夕方になると現れる屋台で売られています。



バロットという、孵化直前のアヒルの卵をゆでたものなんです。

~食べ方~
1.殻を少しだけ破り、買ったときに一緒にもらえる塩を入れ、中のスープを飲む。
2.スープを飲み干したら残りの殻を破り中身を食べる。

見た目がアレなんでこの後の写真は閲覧注意です!笑








孵化直前なので、
ものによっては形ができすぎちゃって雛の顔や羽根が出てくることもあります…

中身が中身だけあって、
フィリピン人でもスープだけ飲んで中身は食べない人もいるそうです。

それ買う意味あるんかい!という感じですが、
彼ら曰く、このスープが最高に美味しいんだそうです。


もちろん私も挑戦しました!
フィリピンへは7年前に行っているのでその時に初挑戦。
味はおでんの卵の味です!
これ本当に!


この食べ物、名前は違えど東南アジアや中国でも食べられているそうで、
カンボジアで見たことがあります。




ファーストフードにピザに肉…
そして極めつけはビール…
ここで1ヶ月も生活したら太らないわけがありません!
インドのころの自分の写真と見比べて愕然としました。




今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: フィリピン

フィリピン留学はじめました


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
おはようございます!

現在地はオーストラリア・メルボルンです。
一時帰国まであと1週間!

*********************************



ブルネイ空港までのシャトルバスが夕方で終わってしまうため、
最終のバスで空港に移動しました。


深夜2時の便まで空港でひたすら待ちます。
お腹が空いてもブルネイドルがもうないので何も食べられません。

空港内にはバーガーキング、KFC、カフェなど様々な誘惑が…
何度もATMで現金を降ろそうかと思いましたが、
スーパーで買った安いビスケットで我慢しました。


さて、ブルネイから向かうのは…


フィリピン!!


の首都マニラではなく、



バコロド
という地方都市。


セブ島のお隣、ネグロス島にあります。



なぜ聞いたこともないような地方都市に向かうのか!?



英語の語学学校に行くためです。

巷で話題のフィリピン留学しちゃいます!!



なぜフィリピンか??


安いから!!

もうこれに尽きます。



学生時代にオーストラリアのケアンズで、
ホームステイをしながら同じように一ヶ月間語学学校に行ったことがあります。

初めてだったこともありすごくしっかりしたエージェントを通して申し込みをしたため、
ものすごくお金がかかった記憶があります。


フィリピンではその時の4分の1くらいの値段で留学ができてしまいます。

ちなみに気になるお値段は…
授業料+宿泊費+食費すべてこみこみで
108,500円!!

この他に教材費と留学ビザのようなものを現地で支払います。


エージェントによって値段はまちまちですが、
「フィリピン留学」
で検索するとたくさんのエージェントがあるので、
色々見比べてみるのがいいと思います。


たったの1ヶ月行っただけでどれほどの意味があるか分かりませんが、
何もしないよりは…ということで一ヶ月の英語漬け生活です。



【学校】
フィリピン留学といえば、
語学学校は韓国資本の学校が主流です。
韓国では日本が進出する前からフィリピンに語学学校を作っていました。

現在は日本人が経営する学校も増えているようで、
そのような学校を選んだ場合、
生徒の日本人率はほぼ100%だそうです。


オーストラリアでは日本人がたくさんいる学校に行ってしまったので、
休み時間と放課後はほぼ日本語を話していました。
オーストラリアまで行った意味があったのかなかったのか…
(これは自分次第ですが)


このような経験もあり、フィリピンでは、
バコロドをいう未知の地方都市にある日本人率5%以下の学校を選びました。



フィリピン留学の特徴として、
学校の中にはスパルタ方式という、
ちょーーー厳しい学校があります。

スパルタの内容は学校によりますが、
平日は外出禁止で朝から晩まで授業と自習だったり、
日本人同士で日本語を話したら罰金をとられたりするそうです。

セミスパルタというスパルタ度が低い学校もあります。


はじめはスパルタでみっちり英語漬けもいいかなと思いましたが、
学校の外での生活も経験したかったのでスパルタの学校は選びませんでしたー。


【授業】
そして、フィリピン留学の最大の特徴!

授業はマンツーマンがほとんどです。
オーストラリアのときはすべて10人くらいのグループ授業だったので、
発言の機会が限られていました。
(これも自分次第ですが…)


私は6コマのマンツーマン授業+1コマのグループ授業
1日50分×7コマの授業を受けました。


授業数は自由に選ぶことができます。

1日7コマくらいが普通かなと思って申し込みましたが、
同じ学校の他の生徒は5コマや6コマの人が多く、
「7コマなんて多いね~
疲れるでしょ~」
といつも言われていました。

確かに疲れました(;´Д`)


マンツーマンの先生は全て違う先生なので、
なかなか名前と教室の番号が覚えられず最後の方になってやっと覚えたほどです。

教室と言っても2m四方ほどの小さな部屋に机1つと椅子が2つあるだけです。
この小さい部屋が4列に分かれて50部屋くらいずらっと並んでいます。


初日にテストを受け、その結果に基づいて先生と教材を決めてもらいます。
あとは自分がどの分野を伸ばしたいか。


授業は先生によって進め方が全く違います。
テキストをひらすら進める先生もいれば、
50分間、ほぼ雑談の先生もいます。

雑談と言っても英語でひたすら話しつづけるので、
テキストをやるより雑談の方が良かったりもします。


【宿泊】
それから泊まるところについて。
フィリピン留学では学校の寮に滞在しながら授業を受けるのがほとんどです。
ホテル滞在というVIPコースもあるあるようですが高い!


学校によっては寮と学校の建物が離れていて、
毎日通学しなければいけない学校もあります。

私の学校は寮と学校が同じ建物にあったので移動が楽でした。
10分の休み時間の間でも部屋に戻って少し寝たりできます。
外に全く出ない日もありました。


寮の部屋は1人部屋~3人部屋まで選ぶことができます。
もちろん1人部屋が一番高いです。
私は2人部屋で申し込んだのですが、
はじめの3週間はずっと1人でした。


ハウスキーパーが隔日で部屋のお掃除をしてくれます。
週一のベッドメイキングでシーツがこんなにファンシーになっていたときはびっくりしました。



最後の1週間は台湾人のルームメイトができました。

なんと彼女は妊娠中!
妊娠中は暇なので英語を勉強しに来たんだとか。

暇だからって…笑
食事とか衛生面とか色々心配になっちゃいました。




【食事】
なんといっても重要な食事について!



食事はバイキング形式です。
韓国人学校のため毎日が韓国料理。
オレンジ色の料理が多かったです。

そして毎食必ずキムチが出ます。
朝食でトーストが出ようが、キムチと韓国のり。

辛いものは大好きなので全く問題ありませんでしたが、
苦手な日本人は大変そうでした。

コンチネンタルブレックファスト風なのか、
たまにコーンビーフと目玉焼きとオレンジジュースが出る日もありました。



【期間】
私が語学学校に行ったのは12月15日~1月9日の4週間です。


しかし12月23日~1月4日までがクリスマス&年末年始休暇だということが発覚。
なんと12連休!

このために土曜日に追加授業が何日か行われましたが、
日曜日も入れると授業を受けられるのがたったの14日。
半分が休みです…


これ学校に着いてから知りました。
申し込んだのがこの長期休みが決まるだいぶ前の9月だったということもありますが、
決まったあとも留学エージェントが何も言ってくれませんでした。

エージェントの問題なので学校に文句言っても仕方がありませんでしたが、
不憫に思った学校側が2日間だけ授業を増やしてくれました。
もちろん返金等はありません。


なんでこんな時期に来たの?
と色んな人から言われました。

「休みのこと知らなかったんだよ~」
と笑顔の裏で内心泣きながら何度答えたことか。



と、こんな感じでフィリピン留学はじめました。
1ヶ月後に期待です。




今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: フィリピン
«