fc2ブログ

バターボールという飴はいつの時代から存在するのか


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

語学学校が終わり、
現在地はネグロス島のドゥマゲッティ。
年末に台風のためにできなかったダイビングのリベンジに来ました。

***********************************

プドゥチェリーからバスで北方面へ2時間、
マハーバリプラムに行きます。


プドゥチェリーから向かう場合
バスはマハーバリプラムの街中までは行かず、
途中の幹線道路で降りなければいけないので注意が必要です。

バスターミナル以外でバスを降りる際、
自分が今どのへんにいるかを把握していないと降り逃してしまう場合が多々あります。


そんなとき便利なのが、
オフラインでも使える地図アプリ!
GPS機能つきなのでWi-Fiに繋がっていなくても現在地が分かります。

スマホが普及する前は、
周りの乗客や車掌に「ここで降りるから着いたら教えてね!」
と必死にアピールしたものでした。
世の中はどんどん便利になりますね~



今回やってきたマハーバリプラム、
現在はベンガル湾に面したちょっとしたリゾート地ですが、
7世紀頃から西は中東、東はアジアからの東西交易の拠点をして栄えていたそうです。

その当時からのヒンドゥー寺院がいくつか残っており、
世界遺産に登録されている寺院もあります。


ゲストハウスで出会ったハンガリー人のお兄さん
(お兄さんと呼べそうな年齢ではないがおじさんでもない)
と一緒に見どころを周ることになりましたー!

彼はマハーバリプラムに来てすでに4日目。
ここ数日は天気が悪くて思うような写真が撮れず、
今日こそはいい写真が撮れそうだということで一緒に行くことになりました。

誰かと一緒に観光するなんて久しぶりなのでワクワクします♪


街の中心には500mほどに渡る小高い岩山があり、
岩をくり抜くようにして造られたいくつかの石窟寺院や、
壁への彫刻が残されています。



その中でも最も見応えがある、
アルジュナの苦行」と呼ばれる彫刻です。
ガンガーという女神がこの世に降下してきた物語を表しているそうです。
中心のくぼんでいる部分が特にその降下の真っ最中を表しているとか。



岩山の上には巨大な岩がのっています。
この岩はヒンドゥー教の神様、クリシュナが大好きだったバターボールに
似ていることから「クリシュナのバターボール」と呼ばれています。



バターボールっていう飴があるのを初めて知りました。
クリシュナの好きなバターボールは現存するバターの飴なのかということと、
どのような経緯で好きだということが明らかになったかが気になります。

この岩がどうやってできたかやヒンドゥー教に関係があるのかは謎です。
ゾウが引いてもピクリともしないと言われています!



もちろんこういうのやりますよねー!




正しい日かげの使い方、



断面はナイフでスパッと切ったような切り口をしています。
ますます不思議!!


この後、チェンナイから走ってきたという
駐在日本人のチェンナイマラソンクラブのみなさんに遭遇してちゃっかり集合写真にお邪魔しちゃいました。
メンバー勧誘もされました。



お次に向かったのが海岸寺院

正直、彫刻やバターボールの方が見応えがありますが…
この寺院だけが世界遺産に登録されています。
歴史的にはこちらの方がすごいのでしょう!

海岸寺院という名の通り、すぐ横は海です。


8世紀に造られたかなり古いこの寺院、
当時は同じような寺院が7つ並んでいたそうですが、
波や風による侵食で崩れ、現在残っているのはこの2つだけだそうです。






そして一番のお気に入りはビーチです!
オフシーズンということもあり、閑散としています。

ただしここはゴアのように完全に観光地化されて外国人観光客がうじゃうじゃ来るようなビーチではありません。
ほどよくローカルさがあり、
ほどよく観光客向けのレストランやお店があります。

どこで見ても漁船カラフルで可愛い!



牛さんたちも気持ちよさそうに寝ています~


奴らは恐怖の動物ですがこれは可愛い。




海が近くて歩いてまわれる小ささで人が多くない、
マハーバリプラム。
確実にインドの好きな街ランキング上位に入りました!
一泊の予定でしたが延長してもう一泊しました。



街歩き中、
本当に紙を食べるヤギを初めて見ました!
黒ヤギさんでも白ヤギさんでもないけど!







次回は南インド最大の都市、チェンナイ!




今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

理想都市で黄金のゴルフボールを眺める


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

明日で語学学校生活が終わります。
クリスマス&年末年始休暇のせいもあり、一ヶ月が本当あっという間でした~。

***********************************

世界遺産のニルギリ登山鉄道に乗った後、
メットゥパーラヤム駅から再び夜行列車に乗ってチェンナイに移動します。



二日連続の夜行移動です。
スリランカでは夜行の移動がなかったので
久しぶりの夜行列車に少々ビビッてます。

19:45に出発した列車はほぼ定刻通りの05:05に
チェンナイセントラル駅に到着しました。



チェンナイといえば、南インド最大の都市です。
よって駅も巨大です!

ホーム全体が屋根で覆われている駅は珍しく、
ハリーポッターに出てくる駅を想像してしましました。
(たぶん実際は全く違うけど)



ホームから外に出ると、人!人!!人!!!
久しぶりにこんなに多くの人を見ました。
改めてインドに戻ってきたという感じがします。
やはりインドはこうでなくては!!



いつも思うんですが、彼らはいったいどの列車を何時間待っているのでしょうか。
列車の時間に合わせて駅に来ればこんなことにはならないはず…
乗り継ぎ?




さて、チェンナイに着きましたが、
今日はそのままプドゥチェリー(ポンディチェリー)に向います。
南に戻る形になってしまいますが、この方法が一番楽そうだったので…



プドゥチェリーまではチェンナイのモフジールバスターミナルからのバスで約4時間です。

セントラル駅の向いの通りから出ている路線バスで
モフジールバスターミナルまで行くことができます。
駅とバスターミナルが離れている大きい街はきらいです(-з-)


バス車内では、インド人がインド人に英語で行先について尋ねていました。
きっとこの北インドから来たんだな~と思いつつ、
北と南では言葉が全く違うということを実感。



昨日のウーティまでの涼しい道のりとは打って変わって、
暑い!暑い!!暑い!!!
しかし暴走バスのため、窓を開けると髪の毛が風で舞い上がって大変なことになる上に、
顔が砂ぼこりまみれになってしまいます。
でも開けないと汗だくになりますヽ(;´Д`)ノ

格闘すること4時間、プドゥチェリーに到着しました。

プドゥチェリーのバスターミナルからオートリキシャで10分、
街の中心へやってきました…




ん?











ここはインドか?








なんて綺麗な街並みでしょう!!


そう、ここプドゥチェリーでインドであってインドではありません。

ここには1673年に初めてフランスが商館を建てました。
その後、インドはイギリスの植民地となりますが、
その間もここは特別にフランス領として残されたそうです。
インドの独立後にインドに返還されるまでフランス領でした。

昔はフランス名の英語読みの「ポンディチェリー」という名前でしたが、
2006年に今の呼び名「プドゥチェリー」に改名されました。

現在は連邦直轄地という、周辺のタミルナード州から独立した独自の政府機関を持ち、
インド政府から直接統治されているという位置づけにあります。


現在も旧植民地エリアとそれ以外とがはっきり分かれていて、
旧植民地エリアはインドじゃないみたいです。


これまでムンバイやゴアなど、
植民地時代の建物が多く残る場所へ行きましたが、
プドゥチェリーはそれらの街とは異なる雰囲気を醸し出しています。
なんかもう空気が違います!
フランスって感じ!(フランス行ったことないけど)

フランス料理屋やパン屋さんが多いです。
フランスの物ばかり売っているスーパーもありました。


そして、なんと言っても道がキレイ!!
ゴミ一つ落ちていません。



この写真だけ見たらインドじゃないみたいですよね~。




でも一応インドなので、住んでいるのはもちろんインド人ですが、
同時に、この街に住んでいるであろう西欧人(フランス人?)の姿もたくさん見かけました。

特に見どころはありませんが、
街並みを見ながらぶらぶら歩いているだけで楽しかったです(*´ω`)
早くヨーロッパに行きたいなー。





お洒落カフェもあります。




ゲストハウスもお洒落な外観でした!



★NEW GUEST HOUSE
400ルピー/泊
Wi-Fiなし
水シャワーのみ
部屋はものすごく綺麗ですが、
地球の歩き方にも書いてある通り、フロントの愛想があまりよくない…




そしてプドゥチェリーは連邦直轄地のため他の州に比べて酒税が安いんです。

ということは…!?


そう、ビールが安い!!





インド帰還後初ビール~!
もう一人でBarに行くのなんてヘッチャラですヘ(゚∀゚*)ノ
Barと言っても食堂のようなお店ですが!

他の州では100ルピー以上はするところ、
Barで飲んでも一本70ルピーでした。
ゴアの50ルピー以下という破格にはかないませんが安いです!




翌朝は早起きをして気になっていた海沿いのお洒落なカフェへ行ってみました!
値段は少しお高めですが、海を眺めながら優雅に朝ごはんを食べちゃいました。





本当なら朝ごはんを食べてゆっくり読書でもしたいところですが、
今日は行くところがあります!



オーロヴィル。

このオーロヴィルについては
上手く説明できないのですが…

プドゥチェリーには、
哲学者オーロビンド・ゴーシュという人が創設した、
独自の宗教のようなもののアシュラム(道場)があります。


そのオーロビンドの後継者である、ミラ・アルファッサという女性(通称マザー
がプドゥチェリーから10kmの場所に、理想都市を作りました。

その理想都市がオーロヴィルと呼ばれており、
そこでは、世界中の人々が国や宗教、信仰とは関係なく共同生活をしています。

彼らは自給自足で、持続可能な平和な社会を目指し、
現在、2200人が生活しているそうです。
面積約20平方kmの広い土地の中に、学校や病院、レストランなど生活に欠かせないものはすべて揃っています。
最終的には、このコミュニティ内でのすべての金銭交換をなくすことも目標の一つとして掲げています。



今日はこのオーロヴィルの見学ツアーに参加しました!
個人で行くとアクセスが面倒なのですが、
プドゥチェリーにある旅行会社のツアーに参加すれば往復100ルピーで行けます。


ビジターセンターで簡単なオーロヴィルの説明のビデオを見た後、
オーロヴィルのシンボルともいえる、
瞑想ホール

マトリマンディル

遠くから眺めことができます。


事前に瞑想の予約をすれば、このホールの中での瞑想に参加することができます。
この瞑想に興味がありましたが、
予約の日と瞑想の日の二日間、オーロヴィルに来なければならず、
時間がなかったため諦めました。


これがそのマトリマンディルです。



黄金のゴルフボールというあだ名を持つらしいこのホール、
内部がどのようになっているのか気になります。





見学者はかなり限られたエリアしか立ち入ることができず、
ここで生活する人々の姿や生活エリアは全く見ることができません。


ここで生活をするには
特別なビザが必要だったり、ある程度の金銭的な余裕があったりと
いろいろな条件があるようです。


ただ、オーロヴィル内には宿泊施設もあるので、
実際に住まなくても数日間滞在することが可能です。
長期でボランティアなどもできるそうです。


今回、瞑想に参加しなかったので
この見学ツアーは「マトリマンディを遠くから眺めるツアー」になってしましましたが、
今まで全く知らなかった世界について知ることができて勉強になりました!



世界には、まだまだ知らない世界がたくさんあります。
だから、旅が続けられる、続けたい、のだと思います。



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)



おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

見たいものがない土地ではひたすら食べるのみ


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

現在フィリピン留学中~

***********************************

11/4

最南端の地で残念な朝日を拝んだ後は北上開始です!

マドゥライまでバスで約5時間の移動です。



カニャークマリからの直通バスがなく、
名前の分からない途中のバスターミナルで一度乗り換えました。


今回のバスはウルトラデラックスコーチ!笑




マドゥライに来た目的はただ一つ!

スリランカに行くため!!


地図を見てお分かりの通り、
スリランカに一番近い国際空港はマドゥライ。
一番近いということは一番安く行けるってことです!!


次回からいよいよスリランカ編が始まりますよー!
インド長かったですね~。
スリランカ編が終わったらまたインド編に戻ってくるけどね!


マドゥライは人口が100万人を超える大きな都市です。
都市があまり好きではない私にとっては
ガイドブックを見てもあまり惹きつけられるものがなく、
スリランカに行かなければたぶん寄らなかった場所だと思います。


一応見どころといえば、
南インドでは比較的有名なお寺があるくらいです。


宿に荷物を置いたら
今日もはりきってミールスを食べに行きましょう!
(宿情報は最後に載せました)


どーん!
ご飯の量がめちゃくちゃ多いです。




サンバルをかけてもらってぐちゃぐちゃにかき混ぜるのがポイント!
でも正しいミールスの食べ方イマイチ分からないので、
インド人が食べているのを最初から最後まで録画して研究したいくらいです。



外国人だと分かるとスプーンを持ってきてくれますが、
手で食べた方がなぜか美味しく感じるんです!
インド人から「こいつスプーン使ってやがる」と思われるもの嫌だし!

初めのうちは抵抗があったのでスプーンを使っていましたが、
あるときを境に手で食べるようになりました。
爪の中に潜む菌を食べてしまわないように
深爪が嫌いな私がそのために爪を短く切りました!



街中を歩いてみると、
大きな都市だけあってごちゃごちゃしています。
最近はこじんまりかつ緑が豊富で綺麗な街が多かったので
久々にTHEインドという感じの場所に来た気がします。




マドゥライでもバナナ屋さんをたくさん見かけました。
色んな種類のバナナがありますね~。



一番右にぶら下がっているバナナ、
なんと赤いバナナです!!



旅人の間では赤いバナナはカスタードクリームの味がするという噂があります。

お値段は黄色いバナナはだいたい2本で10ルピーくらいですが、
赤いバナナは1本10ルピーと少し高めです。


赤いバナナにお目にかかれたら絶対食べたいと思っていたので
早速試してみました!


もぐもぐ…


黄色いバナナと比べて濃厚ではありますが、
決してカスタードクリームではないと思います。笑



さて、マドゥライの中心は、シンボル的存在の
ミーナクシー・アンマン寺院です。

インドを代表するドラヴィダ様式のヒンドゥー寺院だそうです。




寺院は東西南北をゴープラムという4つの塔門によって囲まれています。


写真撮影が禁止な上に荷物を預けるのが面倒だったので
中には入りませんでした!
興味があるものとないものの差が激しくてごめんなさい( ;∀;)



翌朝、
天気がよかったので寺院の外観だけ写真を撮りに行きました。







寺院からの帰り道、
近くにいたオートリキシャーのおっちゃんが
嫌がる孫を運転席に乗せて無理矢理ハンドルを握らせて
写真を撮ってくれと言ってきました。

ちょっと君、嫌がってたわりにはどや顔じゃない?




屋台の朝食を食べる人々。
なんかこの写真すごく好き!
笑顔が最高!!


マドゥライは都市ではありますが、
どこか下町の雰囲気があり
大きな街というのを感じさせない印象でした!



本日のお宿
★ロッジセレクション
370ルピー/泊
ホットシャワーなし
Wi-Fiなし






次回、この旅四か国目のスリランカに飛んじゃいます( `ー´)ノ



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

3つの海が交わる岬でやりたかったこと


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

現在フィリピン留学中!
久々に頭を使っています。

************************************

11/3

インド一綺麗(らしい)ビーチからバスで南へ約3時間、
カニャークマリに行きます。


バスに乗るときはいつも一番前のスペースに荷物を置かせてもらうので、
最前列に座ります。
大きなフロントガラスが目の前なのでかなり迫力があります!


インドのバスは常に猛スピードでひたすらクラクションを鳴らし続け、
前方を走る車を追い越しながら走ります。

もし事故ったらフロントガラスを突き破ってどこまでも飛んでいきそうです(°д°;)



そんなバスで無事に到着したカニャークマリですが、
別名コモリン岬とも呼ばれ、
インド最南端の岬なんです!!




インドに来て一ヶ月、
ついにここまで来ましたー!!

もっとじっくり見て周ったらここまで来るのに一ヶ月半では全然足りませんが、
正直、長かったです…(笑)


今回のインド旅はインドを一周することが目的なので
最南端がゴールではありませんが、
一つの目標を達成するような気がしてしまいます。


ここへ来る前にあるインド人に言われました。

「日本人は皆カニャークマリに行くよね~
エンドオブなんとかモストオブなんとかが好きなんでしょ?」



たしかに!
最南端や最北端、最大、最少とか、
最なんとかと言われたら気になって仕方がありません!
期間限定と同じような感覚ですかね?



カニャークマリに着いたらまずはお昼ご飯!
南インドの定番の定食、
ミールスを食べに行きます!


ひらり。
席につくとバナナの葉っぱが置かれます。



そう、これがお皿代わりなんです!

南インド=ミールス=お皿はバナナの葉っぱなんですが、
現在、お皿にバナナの葉っぱを使うのは主にタミルナード州だけだそうです。
カニャークマリからタミルナード州に入ったので、
初めてお目にかかります!


どさっ。
パパド(米粉を揚げたクラッカーのようなもの)とご飯が置かれます。




銀の入れ物を持ったおじさんが登場し、順番におかずを盛ってくれます。




ご飯に焦点が当たりすぎておかずが全然見えませんが(笑)、
左の赤いのがアチャールという漬物のようなもの、
真ん中のオレンジ色のがトマトっぽいやつ(名前不明)、
右の黄色いのがサブジという野菜料理です。




最後にご飯の上からサンバルという野菜汁をかけて完成です!




インドではこれらをカレーとは呼びませんが、
アチャール以外はすべて何かしらの野菜を何かしらのスパイスで煮たり炒めたりしているので、
基本的にカレーの味がします!



お昼ご飯のあとはいよいよコモリン岬へ!

この道の先に見えているのが最南端の岬。わくわく。





はいっー!
ここが最南端ですー!

普通の海ですねー!
一応目印の旗が立っています!



ここはアラビア海、インド洋、ベンガル湾の3つの海が交わっています。
先端なので夕日と朝日の両方を見ることができます。


同時にここはヒンドゥー教の聖地でもあり、
ここへ来るインド人の多くは沐浴をして身体を清めます。



まるで露天風呂のようです。




近くには漁船がたくさんありました。
「最南端でとれた魚」と聞くと気になってしまうのは私だけでしょうか。





最南端の地でやりたかったことがあります。
「夕日を見ながらこれまでのインド旅を振り返って黄昏る」こと。

なんか旅人っぽくないですかー?(´∀`)


が、しかし…
そんな願いは夕方から降り出した土砂降りの雨によって無残にも崩れ、
外へ出ることすらできませんでした(;O;)

明日の朝日に期待します!!!



-----------翌朝-----------

日の出の時間が分からなかったのでまだ真っ暗の5時に宿を出てスタンバイ!

早すぎたためか初めは2、3人しか人がいませんでしたが、
少しずつ人が増えてきました。


ただ、写真でも分かるように空には雲が見えています…

おーい朝日さん、
顔を出してくださいよー(;´Д`)ノ




明るくなるころにはこんなにたくさんの人が!
観光客なのか地元民なのかは分かりません。



待つことさらに数分、
朝日さんがかろうじて顔を出してくれました!!



地球の歩き方の小見出しによれば、
「岩のはるか向こうから昇ってくる日の出は言葉にならないほど美しい」
だそうです!笑


ちなみに遠くに見えている像はこの地方の古い詩人であるティルヴァッルヴァルという人です。



あっけなく終わってしまった最南端でしたが、
ここからまた旅が再スタートする気分になりました!!



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド

インド一綺麗だと言われるビーチへ行ってみた


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
こんばんは!

現在地はフィリピンはネグロス島・バコロド。
明日から4週間の英語漬け生活です( ゚Д゚)!

************************************

11/2

アレッピーからさらに南に約4時間、
トリヴァンドラムというケララ州の州都に向かいます。
名前が覚えづらい…


ここ何日間かはケララ州を少しずつ移動していますが、
ケララ州はインドの他の都市と違う部分が多い気がします。


まず、ケララ州はインドの中でも教育水準が高いことで有名です!

街のいたるところに学校があり、
男子も女子も制服を着て通学している姿をよく見かけます。
識字率はほぼ100%!

18世紀の藩王国の時代から義務教育を採用していたことが影響しているそうです。

頭が良いからか分かりませんが、
ドバイやクエートなどの中東の国々に働きに行く人が多いそうです。


そして、アラビア海に面していて
昔から貿易の要所となっているため、
金や宝石などを売るお店が多いです!
あとはなぜかウエディング関係のお店もたくさんあります。


それからそれから、
バスの窓がない!


風通しがよすぎます。


雨が降るとシャッター形式で閉めます。



このシャッターを閉めると車内が一気に暗く、
そして蒸し暑くなります。


以上、ケララ州での発見でしたー!




トリヴァンドラムに到着して、
まずは宿を探します。

地球の歩き方に載っている一番安い宿で430ルピー。
たいてい値上がりしているので、500ルピーは覚悟します。

一軒目、フル(満室)!

周辺の宿を3軒あたりますが、全部フル!

そのうち一軒は私の顔を見るなり断ってきたので
外国時は泊めないのかもしれません。

インドでは外国人を泊めるにはライセンスが必要だと聞いたことがあります。


こんなに宿にありつけなかったことは初めてです( ;∀;)


だがしかーし!
焦るのはまだ早い!!


今日、泊まる場所としてトリヴァンドラムの他に
もう一か所考えていた場所がありました。

それは…

コヴァーラムビーチ!!

南インドで最も綺麗なビーチと言われています!

ていうか北インドの綺麗なビーチなんて聞いたことないから、
インド一綺麗っていう解釈でよろしいですかね?


このビーチへはトリヴァンドラムから日帰りで行こうと考えていましたが、
もうこれ以上ここで宿を探し回りたくないので
いっそのことビーチに泊まってしまいましょー!


コヴァーラムビーチまではバスで30分、30ルピーです。

綺麗なエアコンバスが来たと思った瞬間、
周囲にいた人達がバスを目がけて一斉に走り出します。

入口はあっという間にこの有様…




トリヴァンドラムから近く気軽に行けるビーチなので、
地元の人達も夕涼みによく行くみたいです。


ぎゅうぎゅうでなんとか乗れました。
ん?この感じどこかで…

そう、タージマハルへ行ったあのジェネラルシートのときと同じ。
ぎゅうぎゅうの鉄道についてはこちらの記事へ!


コヴァーラムビーチのバス停に到着。

バスを降りると客引きのおじさんが宿を紹介してくれました。
もう探し回るのは面倒だったので即決!

★Wilson tourist home
500ルピー/泊
Wi-Fiあり(部屋で使用可)
タオルつき!
プールつき!




荷物を置いたら早速ビーチへ行ってみましょう!



さぁさぁこれがインド一綺麗な海ですよー!!!








…ヽ(;´Д`)ノ



いや、天気がね!
天気が悪いだけ!!


実際水はかなり透き通っていて、
晴れていれば綺麗なはず(°д°;)!



綺麗なビーチの絶対条件は牛がいないことだと思います!




海沿いには観光客向けのレストランやショップが並んでいます。
レストランはどこも高め。




夜になるとほとんどのレストランの前には魚介類が乗ったワゴンが並び、
注文を受けてからさばいて調理してくれます。
でもとても一人で入ろうと思える値段ではありませんでした(;O;)




翌朝、ビーチの数か所で
漁師の男たちが海に放した網を一斉に引いている光景を見かけました。



一心に引っ張る男の姿、素敵です!



こんなに大人数で引っ張ってどれくらいの魚がとれるのでしょうか…






次回はいよいよインド最南端の地へ!!!


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ただいま世界一周ブログランキングに参加しています!
下のバナーをクリックするとこのブログにポイントが入ります。
読んだよ!のしるしにリンっとクリックをお願いします~(*´ω`)




おわり。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: インド
«»