fc2ブログ

世界のシベリア鉄道に乗る。前篇


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
ロシア3日目。


今日はいよいよ、
世界中の鉄ちゃん鉄子みんなの憧れ



ジベリア鉄道


に乗っちゃいます!


シベリア鉄道って、鉄道に詳しくない人でも一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。


東端はウラジオストクから西端はモスクワまで、


営業キロ数9259km(ガイドブック掲載の場合)


もちろん世界一の長さです。



余談ですがロシアにはこのシベリア鉄道の他に
バイカルアムール鉄道(通称バム鉄道)という第二シベリア鉄道とも呼ばれる路線があったり、
旧ソ連時代に作られた鉄道がたくさんあります。
それらすべてを合計すると、総延長距離が約14万kmにもなるそうです。
なんと地球3周半分!

やっぱり世界一の面積をもつ大国は違いますね。




世界中の鉄道を乗り回すからには、始発から終点まで完乗したい気持ちはやまやまです。


ですが今後の旅のルート上、半分くらいの地点の
イルクーツク
というところまでしか乗りません。
モスクワまで行きたかったかったけど残念です。

シベリア鉄道

イルクーツクまでは3泊4日。

ちなみにモスクワまで行くと6泊7日かかります。



それではシベリア鉄道旅のはじまり~


まずはチケットの購入です。
現地で苦労して買うのが旅の醍醐味でもありますが、
乗りたい日のチケットがすぐに買えるどうかは分かりません。


今はインターネットで何でも買えちゃう時代。
ロシアのtravel russiaという旅行会社のサイトで事前に買いました。
ビザ申請に必要なバウチャーもここを使いました。


全部英語だしちゃんと買えるか心配でしたが、
お金払ってしまえばこっちのもんだぜ!ってことで
カード番号を入力した数分後にはメールでe-チケットが無事に送られてきました。
ウラジオスオク→イルクーツク107USドル。



なんでもシベリア鉄道の中にも優等列車(ちょっと高い)とそうでないものがあって、
観光客にも一番人気でシベリア鉄道いえばこれ!みたいな列車が
ロシア号という列車のようです。


これは毎日ではなくて隔日の運行。
私がシベリア鉄道に乗りたい日はちょうどこの運航日ではなかったためロシア号は断念しました。
一日待てばよかったものの、
待ってまで高い優等列車に乗るのもどうかと思って安い普通の方にしちゃいました。


IMG_2166.jpg


列車は午前11時2分発。
気合い入れすぎて9時には駅に着きました。


というのは嘘で、
朝、宿の部屋のロッカーの扉を閉めたときにバタンと大きな音が鳴ってしまって、
同じ部屋だった妖怪みたいなおばちゃんから
ロシア語で超怒鳴られて怖かったからそそくさと宿を出てきたからこんなに早く着いてしまいた。


IMG_2171.jpg


ここは「世界のシベリア鉄道」の始発駅。
たくさんの人でごったがえしているのかと思ったら意外とガラガラ~

駅の待合室にはWi-Fiがとんでいました。
そして天井がお洒落!

IMG_2175.jpg

サイゼの天井を思い出しました。



電光掲示板に列車番号と出発時間、ホーム番号が表示されていますが、
出発時間がモスクワの時間だから本当紛らわしいんです。

モスクワとの時差は7時間。

11時2分の列車の場合、4時2分と表示されます。



印刷しておいたE-チケットを窓口で本物の切符に引き換え、
ホームに降りてみるとすでに長い列車が停まっていました。

んーなんか違うなぁ。
私好みの車体ではない( ゚Д゚)

IMG_2187.jpg


切符はすべロシア語で書かれているので自分の乗る車両番号すら分かりません。
近くにいた駅員さんに聞いて教えてもらいました。


今回乗る列車のお顔。

IMG_2194.jpg

やっぱりなんか違う。
私が好きなのはもっとレトロな感じの日本でいうキハ52型とかツートンカラーのあれです。
そして顔は丸みを帯びずに平面の方が好きです。




というわけで乗車!!

車両は1等、2等、3等の3段階に分かれています。
1等は2人用個室
2等は2段ベッド×2の4人用個室
3等は個室ではなく2段ベッド×2の開放寝台


私は一番安い3等です。

IMG_2181.jpg

下の座席を開けると荷物入れになっています。
これなら盗難の心配がない!


通路を挟んだ向こう側にも窓に沿って上下にベッドがあります。

IMG_2199.jpg


IMG_2178.jpg


だいたいの作りはインドの寝台列車と同じですが、
(あんだけ乗ったのでどうしてもインドと比較してしまう)
インドにはなくてロシアにあるものがいくつかあります。


その1

IMG_2212.jpg

布団と枕。
そしてシーツ、枕カバー、タオルのセット。

シーツ類は自分でセットし、降りるときにはがして返却するという完全セルフサービスです。

インドのいいクラスの車両にはシーツはありましたが、布団は初めてです。
しかも結構分厚い。
枕も大きめでふかふか。


その2


IMG_2185.jpg


給湯器。
熱湯なので要注意。
これで温かい飲み物が飲めるし、カップ麺も作ることができます。


その3

IMG_2205.jpg

カップとスプーンの貸し出し。
※貸し出し品にお茶は含まれません


どうでしょう!!
もうこれだけで快適な列車生活が送れそうです!!!



続きは後篇で~

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: ロシア

ロシアはやっぱり寒かった


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************
船を降りてドキドキの入国審査を無事通過し、

ロシア入国ー!!!


ロシア一発目の宿は、
すっかり常連になってしまったhostelworldで予約しました。

最近はこのサイトで色んな都市のホステルを見るのが密かな楽しみです。


地図によると、フェリーターミナルから橋を渡った通りを右に300メートルくらい進んで道をひょいっと渡れば簡単に行けそうな場所にあります。


しかし道には信号も横断歩道もなく、車も容赦しないスピードで走っています。
インドみたいに道を堂々と渡る人は一人もいません。
そんなことしたらロシア到着後わずか数分で車に轢かれる。


みんなどこで道渡るの!
と思っていたら少し先に地下通路がありました。



ホステルの住所の番号がつけられていたのは、
でっかいお屋敷のような博物館のような、かなり大きい建物。


しかも入口にはテープが貼られていて使われている形跡が全くありません。


ちょっとウロウロしているとその建物の奥に小ぎれいな建物があって、
トリップアドバイザーのステッカーが貼られています。
もしやあそこかも!と思って入ってみると、
普通のレストランでした。


レストランの店員さんにホステルの住所を見せると

「This house.」

と、あの建物を指さします。


えー嘘でしょ!
入口なかったよー


寒いし荷物重いしすでに心折れそう。


ぐるーっと反対側の側面にまわってみると、
あ、なんかある。誰かいる。



看板らしきものが貼られているけど、全く別のホステルの名前が書かれています。
とりあえずそこにいた人にスマホの予約画面を見せて聞いてみると、
このホステルであっているみたい。


そりゃそうだよね。
住所全く同じだし。



受付のお兄さんは英語が全く通じませんでしたが、
後から出てきたおばちゃんが話せるようだったので無事にチェックインができました。


でも訛りすぎてて何言ってるかほとんど分かりません。
ロシア訛りってこんな感じなのか!?


★Optimum Hostel
ドミトリー450ルーブル/泊
キッチンあり
Wi-Fi無料
ホットシャワーあり
(なきゃやばい。これはロシアではデフォルトかな?)


部屋はたくさんあって人もそれなりにいたんですが、観光客っぽいのは私だけでした。
ここに住んでいるのか、おばあちゃんや子供も何人かいたり、
翌日の朝には小学生くらいの子供が15人くらいずらーっと入ってきたり。
なんなんだこの宿は…




さて、とりあえずご飯を食べに行こう!


船の中では境港で買ったパンと、いかのおつまみしか食べていなかったので
食事らしい食事をは3日ぶり。



メインっぽい通りを歩いてみると
そこはもうヨーロッパ。

この雰囲気どこかと似てると思ったら、トルコでした。
ヨーロッパ方面はトルコしか行ったことがないのでそう思わざるをえないのです。



そしてカフェの文字発見!


恐る恐る入ってみると、
バットに入った食材がずらりと並んでいます。
サラダからスープ、メイン料理までずらり。

何だか全く分からなかったので、
とりあえずサラダとスープ的なものとパンを指さしでオーダーしました。

IMG_2078.jpg

左側のはスープだと思ってたら、
スープではなくてメイン料理のチキンでした。
右のサラダはマカロニとハムのマヨネーズサラダという感じ。


ロシア食第一弾!久々の食事らしい食事。
味も美味しかったです!





翌日はウラジオストク散策!



ウラジオストクは坂の多い港町です。


まずは街が一望できる展望台に行きたかったのですが
地球の歩き方の地図を見てもオフラインマップで見ても場所が曖昧で全く分からない!

地元の人に話しかける勇気もなく、結局たどり着けませんでした笑


でも高台を目指して坂を上っていたら橋に着きました。

IMG_2118.jpg

黄金橋という橋で、2012年に完成したという新しい橋です。
ウラジオストク中心部の金角湾をまたぐ全長737mの大きな橋。


その橋からの景色でも十分に街が一望できました。

IMG_2128.jpg

例の展望台はこの橋と街が一望できると書いてあったので、
場所がもう少し高いだけで眺めはあまり変わらないということにしよう。




昨日からずーっと思っていたこと。


ロシア、やっぱり寒い。


日本を出る前に毎日気温をチェックしていましたが、
たいてい0度とかマイナス1度。

東京でもそのくらいの気温の時はあるし大丈夫でしょー♪
ってロシア完全になめてました…


人生で一番寒いかと聞かれたらそれはどうか分からないけど、
風が吹くとすっごく寒くて、ジーンズを突き抜けてくる風。
下にタイツ履くべきだった。


手袋やカイロやら一応の防寒具は持ってきましたが、
ニット帽を忘れました。
耳が千切れそうなくらい痛いです。


でもロシア人がよくかぶっていそうなあのフワッフワの帽子って肝心の耳が隠れてないんですよね。
あの帽子意味あるのかな。



鳩も寒そう(._.)

IMG_2115.jpg



夏には屋台やビアガーデンがあり、多くの人で賑わうビーチも
完・全・凍・結!

IMG_2162.jpg



街にはロシアっぽい教会がいくつかありました。
ロシア正教の教会はドームの部分が可愛らしい!

IMG_2091.jpg



今日一日歩いてみて、
ウラジオストクではファーストフード店やチェーンのカフェを一切見かけませんでした。




が!



見覚えのあるマークとキャラクターが…



IMG_2155.jpg


MではなくてWでした。
このおじさんのこんなポーズ初めて見ました。


IMG_2154.jpg


可愛らしいフルーツ屋さん発見。

IMG_2100.jpg



とにかく寒いので日が暮れる前には宿に戻りました。
ロシア二日目終了。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: ロシア

ここからが本当の世界一周ブログ


現在地はモロッコ!

2014年9月出発。
日本→タイ→インド→パキスタン→インド→スリランカ→インド→タイ→カンボジア→マレーシア→ブルネイダルサラーム→フィリピン留学→オーストラリア→日本→ロシア→モンゴル→中国→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→イラン→アルメニア→ジョージア→リトアニア→ラトビア→エストニア→フィンランド→オーストリア→スロヴァキア→ハンガリー→チェコ→ポーランド→ウクライナ→モルドバ→ルーマニア→ブルガリア→ギリシャ→アルバニア→モンテネグロ→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→コソヴォ→マケドニア→アルバニア→イタリア→モロッコ


**********************************************************************************************************

2015年3月21日、


再出発しましたー!!


リアルタイムとの差がこんなに近いのは初めてかもしれない。
1ヶ月以上前の記憶をたどらなくていいことがこんなにも楽だなんて。



世界一周をするときはなるべく日本に近い極東から!と決めていました。
そんなわけで最初の目的地はロシア・ウラジオストク


ウラジオ


ウラジオストクへは船で行きます!
なるべく空路を使わずに陸路と航路で旅をするっていうのも密かなルールにしています。


鳥取県の境港から韓国の東海市を経由してウラジオストクまで行く船が週に1便のみあり、
韓国のDBSクルーズフェリーという会社が運航しています。

土曜の19時に境港を出て月曜日の14時にウラジオストクに着くスケジュールです。
初っ端から2泊3日の船旅!


HPからの予約方法が分からなかったので電話をしてみると、
日本語がペラッペラの韓国人出ました。
予約の内容を伝え、パスポートのコピーをFAXorメールで送ると予約が完了。


一番安いエコノミークラスが満席だったので、セカンドクラスになってしまいましたが
運賃30,000円、燃油サーチャージ2300円の合計32,300円。
米子空港までの航空券を入れると約50,000円…

後から調べたら成田→ウラジオストクの飛行機は20,000円ちょっとでした。
前日でもこの値段で買えたみたい。
しかも所要時間はわずか3時間!


お金と時間をかけても船には船のよさがきっとある…はずだ!
これは乗った人にしか分からないと信じたいです。




乗船当日は、17時までにフェリーターミナルに着いているように言われました

羽田空港から飛行機に乗り米子空港に着いたのが10時。
一度米子駅まで行き、時間をつぶしてから
再び境線に乗って終点の境港駅に行きました。


そして今日から乗るフェリーよりも楽しみにしていたのがこれ!

IMG_1985.jpg

鬼太郎列車!!
これ前から乗りたかった路線なんです~。


なぜこんな列車が走っているかというと、
境港市はゲゲゲの鬼太郎の生みの親、水木しげる氏の出身地だからです。


IMG_1983.jpg

2両編成で車両ごとにデザインが違います。
もう一両は目玉のおやじ!

IMG_1988.jpg

IMG_1992.jpg


境港駅周辺には水木しげるロードという通りがあります。
この日は土曜日ということもあり若者や家族連れでにぎわっていました。

上を見上げればこんな提灯がぶら下がっていたり、

IMG_2019.jpg


足元を見れば可愛らしいマンホール?の蓋。

IMG_2017.jpg


妖怪さんのサービス精神は嬉しいけど、
前からこんなのが歩いてくるとビビる!笑

IMG_2023.jpg


前後に背負ったバックパックがこの通りにはかなり不釣り合いだし、
重さが限界に達したので途中でに駅に引き返しました。



駅前のスーパーで船の中での食糧を調達して、
無料のシャトルバスで国際旅客ターミナルへ向かいます。


窓口で乗船券を購入し、出国審査を通ります。
そうか、これから海外へ行くんだのもね。


船の入口でお出迎えをしていた乗組員が東南アジア系の顔立ちをしていたので、
いきなり異国間満載です。

IMG_2025.jpg

お客さんはほぼ韓国人でした。
あとは日本人とロシア人がちらほら。


セカンドクラスは8人部屋です。

IMG_2032.jpg

同室にはロシア人の母親とその子供と見られる少年の、私含めて3人だけ。
この少年が日本人とのハーフっぽいんだけど超イケメン。
残念ながら目も合わせてもらえませんでしたが!



早速船内を散策ー!

ゴミ箱がいきなり異国。

IMG_2036.jpg

ちなみに船内の表示に日本語はほぼありませんでした。
すべて韓国語かロシア語で、たまに英語。
日本にも停まるんだからもう少し日本語があってもいいのに!

船内アナウンスもメインは韓国語です。
8割くらいの確率で韓国語のあとにロシア語のアナウンスもしてくれますが、
そのあとに日本語が出てくることはごくたまに。
重要なアナウンスだけなのか、気まぐれなのか…
聞いた限りでは3回くらいしかありませんでした!



船のパンフレットに豪華にでかでかと載っていた壁とシャンデリア風電飾。

IMG_2044.jpg


バーもあります。

IMG_2046.jpg


案内にはサウナと書かれていましたが、檜風呂風のお風呂もありました。
(誰もいない早めの時間に行って撮ってます笑)

IMG_2069.jpg

カーテンの向こうは大海原という最高の景色を眺めながらお湯に浸かることができるのですが、
このお湯がものすごくぬるい!
シャワーはちゃんと温かいお湯が出ました。



船内で使えるお金はほとんどが韓国のお金です。
日本円で唯一買えたものがこれ。

IMG_2070.jpg

お風呂上りに海を眺めながらぷはーっとやりたいところでしたが、
一歩外に出ると吹きさらしの極寒です。
10分ももちません。


IMG_2058.jpg


2日目の10時前に韓国の東海(Tonghae)に到着しました。
ここでは一度船を降り、韓国に入国しなければいけません。

3時間ほどあったのでターミナルの周りをぶらぶらしようかと思いましたが…


IMG_2061.jpg

見事に何もなさそうなので数百m歩いて終了!


14時に再び出航。
韓国人のお客さんがだいぶ降りたようなので、船内の人が減りました。
同室だったロシア人親子もなぜか別の部屋に移ってしまい、一人ぼっちです。


境港から東海までは船はほとんど揺れることなく、穏やかな航行のようでしたが
東海からウラジオストクがめちゃめちゃ揺れました!!!

夜中に揺れで目が覚めてしまうもんだから怖くて仕方がありません。
こんなに揺れて大丈夫なの?ってくらい左右に大きく揺れます。
カーンカーンって金属同士がぶつかるような音が余計に怖いし。

しかも部屋が異様に暑くて、そのせいで沈没するんじゃないかとか
訳の分からないことを考えてしまう寝起きの思考回路。

その後は爆睡し、気が付いたら汗びっしょりで朝になってました!


IMG_2075.jpg


16時、
予定よりも3時間遅れてウラジオストクに到着しました!


乗っているは話し相手もおらず大半を寝てしましましたが、
こんなに長く船に乗るという経験は初めてだったのでなかなか楽しかったです。

50,000円の価値はあったかどうか分かりませんが。笑

夏だったら外に出ることができるのでまた違う船旅が楽しめるんじゃないかと思います。

**********************************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございます✩
世界一周ブログランキングに参加しています!
猫の画像をクリックしていただくとこのブログにポイントが入ります!
読んだよ!のしるしに一日一回、ポチっとクリックお願いします。
よろしくにゃん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Category: ロシア
«